ゾロに死亡フラグ?『ONE PIECE』1047話の扉絵に秘められた意味は…

ゾロに死亡フラグ?『ONE PIECE』1047話の扉絵に秘められた意味は…

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

「ワノ国編」もクライマックスに差し掛かり、白熱した展開が続く『ONE PIECE』。4月25日発売の『週刊少年ジャンプ』21・22合併号に掲載されたカラー扉絵では、ロロノア・ゾロにまさかの死亡フラグが浮上してしまったようだ。

ゾロだけが不自然な後ろ姿

第1047話「都の空」の扉絵は、「麦わらの一味」がビーチでリラックスしている様子を描いたもの。それぞれハンモックやチェアでくつろいだり、はしゃいだりしているのだが、そこでゾロに不穏な描写が。なぜか1人だけ距離をとり、波打ち際で背を向けていた。

しかも右手を空に向けて掲げており、まるで別れの挨拶のような印象。ここから不穏な雰囲気を感じ取る読者も多く、《見開きカラーイラストでゾロだけ奥の方で後ろ姿なの…何かの伏線じゃないよね?》《安否が分かっていないゾロの顔だけ描かれていないのは意味深》《ゾロだけなぜ背中を向けてるの…なぜそんなに遠くにいるの…》《ゾロだけ背を向けて遠くにいるの不穏過ぎるんだけど、これ絶対なんかあるよね?》といった不安の声が上がっている。

「ONE PIECE」では、登場キャラが滅多に死亡しないことでお馴染み。そんな中でゾロほどの重要キャラが死んでしまうことになれば、そのインパクトは計り知れないだろう。

現在のゾロは安否不明?

そもそもこの“ゾロ死亡説”には、現在のゾロが安否不明だという前提がある。第1038話『キッド&ローvs.ビッグ・マム』では、キングとの戦いを終えて倒れ込んでいるゾロの前に、死神のような存在が登場。まるでここで寿命が尽き果てるかのように、鎌を振りかぶっていた。

ゾロはそれ以前から、カイドウとの激闘で甚大なダメージを蓄積していた。そこで「超回復」の薬を飲んだことで一時的に回復したものの、効果が切れれば大幅な揺り戻しがあると予告されている。

四皇と「百獣海賊団」最高幹部という超大物を続けざまに相手取り、力尽きたゾロ。死神のシーン以降、その姿がほとんど描かれていないため、最悪の事態が想像されてしまうのも当然だろう。

ちなみにゾロがキングを倒したのは第1036話だが、そのサブタイトルは『武士道と云うは死ぬ事と見付けたり』。これは武士道について説いた江戸時代の書物「葉隠」からの引用だが、意味深な印象が拭えない…。

考察勢の間では、ゾロが一度死んで本当の「地獄の王」になるという説も囁かれている。一体どのように物語が展開するのか、注目せざるを得ない。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

【あわせて読みたい】