コスパ最強の神ゲー! 異常に面白かった『SIMPLE1500』のゲーム3選

コスパ最強の神ゲー! 異常に面白かった『SIMPLE1500』のゲーム3選

コスパ最強の神ゲー! 異常に面白かった『SIMPLE1500』のゲーム3選  (C)PIXTA

初代『PlayStation』では、1本5000円を超える価格のソフトが当たり前だった。そこで当時、衝撃を与えたのがたった1500円で買える『SIMPLE1500シリーズ』だ。そのラインナップの中から、コスパ抜群の神ゲーを3つご紹介しよう。

コアゲーマーの間でブームに

<その1>『THE キックボクシング』
その名の通り、「キックボクシング」の試合を楽しめる作品。巧みな戦略を求められる、絶妙な難易度によってファンから支持された。最大で15人のキャラを使用できる上、それぞれに重量や必殺技などの違いが設けられており、格闘ゲームとして充実していたことで知られる。

敵のAIも優秀で、やみくもに攻撃を連発しているだけではなかなか勝てない。しかも「ストーリーモード」の進行フラグも不明瞭な点があり、ただ敵をKOし続けるだけでは進まないことも。それもあって、発売当時はネット上で攻略情報のやりとりが盛んに行われていた。

<その2>『THE 恋愛シミュレーション2 ~ふれあい~』
予備校を舞台にした、ひと夏の恋が描かれる恋愛シミュレーションゲーム。他のシリーズとは一線を画すボリュームによって、人気を集めた。

当時の恋愛ゲームでは珍しく、主人公以外はフルボイス。6人いるヒロインの攻略を進めると、おまけシナリオが解放されるなど、周回要素も充実していた。ヒロインごとのシナリオも作り込まれており好評。中でも香坂遊穂のシナリオは、世界観を覆すぶっとんだ内容でファンを驚かせることに。

ちなみに、「SIMPLE1500シリーズ」シリーズの生みの親・岡島信幸氏のインタビューによると、「キックボクシング」と「恋愛シミュレーション」がコアなユーザーにウケたと語られている。もともとライトユーザーに向けたシリーズだったが、この2作がコアゲーマーを意識するきっかけとなったらしい。