マイキーがキリンに…? マガジン表紙の『東リベ』に異常事態! 首がさすがに長すぎる

マイキーがキリンに…? マガジン表紙の『東リベ』に異常事態! 首がさすがに長すぎる

マイキーがキリンに…? マガジン表紙の『東リベ』に異常事態! 首がさすがに長すぎる (C)PIXTA

4月27日に発売された『週刊少年マガジン』22・23合併号の表紙に、『東京卍リベンジャーズ』が登場。しかし以前から指摘されていたことではあるが、「首の長さがどんどんヤバくなってる」といった声が上がっている。

さすがのファンも首の長さに違和感

アニメや実写映画も大ヒットし、ますます人気沸騰中の『東京卍リベンジャーズ』。今回の表紙にはそんな同作の中から、花垣武道(タケミチ)と佐野万次郎(マイキー)の2人が描かれていた。

どちらも迫力があり頼もしさも感じられる良い表情をしているのだが、読者の目を引いたのは首の長さ。たしかにぱっと見でもちょっとした違和感を抱いてしまうレベルで、首が長く描写されている。

そのためネット上では、《マイキーとタケミっちの首すごいことになってる》《マイキー首どうしたの?》《流石にコラでしょ》《首長すぎてコラだと思ったのにさっきコンビニで見たらマジだった》《キリンさんかな?》《マイキー君、首長竜になってて草》といったツッコミが。ファンから見ても「長すぎる」と思ってしまうほどの、首の長さだったようだ。

フィギュアも首が長かった?

漫画家・和久井健が描く『東京卍リベンジャーズ』は決して絵が稚拙なわけではなく、むしろ画力の高さには定評がある。だからこそ“首が長い”という部分が強調され、より違和感を与えてしまうのだろう。

ちなみに「東京卍リベンジャーズ」のキャラクターの首の長さは今に始まったことではなく、過去には“首の長さ”を再現したグッズが販売されたことも。『バンプレスト』から発売された場地圭介と羽宮一虎のフィギュアなのだが、首の長さがしっかり再現されていた。

ただ、あまりにも再現度が高すぎたためか、《なんかめっちゃ首長くない?》などと言われてしまっていたが…。

以前から首が長いと言われ続けてきた「東京卍リベンジャーズ」だが、最近は輪をかけて首が長くなっているような印象を受ける。バストサイズなどが段々人間離れしていく漫画家はよく見かけるが、それと同じような現象なのだろうか。

今後はどれだけ首が伸びていくのか、注目していきたい。

文=大上賢一

【画像】

ufabizphoto / PIXTA

【あわせて読みたい】