幻のカップリング“ゆうしず”はあった!『ラブライブ!ニジガク』2期5話で存在が確認される

幻のカップリング“ゆうしず”はあった!『ラブライブ!ニジガク』2期5話で存在が確認される

幻のカップリング“ゆうしず”はあった!『ラブライブ!ニジガク』2期5話で存在が確認される (C)PIXTA

4月30日に放送されたアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(TOKYO MXほか)2期の第5話は、人気ユニット『A・ZU・NA』の結成回。そこで幻とされていたカップリング「ゆうしず」が供給されたことで、一部のファンが大興奮しているようだ。

幻の「ゆうしず」は実在した!?

「ゆうしず」とは同作の主人公・高咲侑と、「スクールアイドル同好会」のメンバーである桜坂しずくのカップリング。侑はゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』(スクスタ)の“あなた”に当たるキャラで、あらゆるスクールアイドルと仲良くなるプロデューサー的な存在だが、アニメ第1期ではしずくとの絡みだけがほとんど描かれなかった。

それどころかお互いの名前すら呼んでいなかったため、“ない”ことが逆にネタにされていたほど。しかし先日放送された2期の第5話では、侑としずくの会話がしっかりと描かれていた。「ゆうしず」は“あった”のだ。

アニメ2期は“ユニット”としての活動がストーリーの軸となっているが、第5話ではしずくが新ユニットを提案。演劇部も兼任しているしずくは、上原歩夢と優木せつ菜による演劇ユニットを思い付き、侑に相談するのだった。

休日には新ユニットの案を詰めるために、侑としずくの2人きりでお出かけ。まるで2人のデート回のようなエピソードで、アニメ1期での絡みのなさが嘘のような雰囲気だ。

結局「ゆうぽむ」が大正義?

今まで「ない」とされてきたカップリング「ゆうしず」が実在した衝撃に、視聴者からは《1期の時に会話すらなかったレベルのゆうしずをぶち込むのすき》《ゆうしずの可能性が爆発してるな》《ゆうしず供給ほんとありがてぇ》《ゆうしず尊い》といった声が。

今までは公式からの供給がほとんどなく、妄想で補完するしかなかったので、喜びはひとしおのようだ。

しかしそんな侑としずくのデートは、侑の幼馴染である歩夢(とせつ菜)に尾行されており、途中で合流する展開へ。終盤では歩夢とせつ菜の即興劇にしずくも加わり、3人のユニット「A・ZU・NA」の結成を示唆していた。

ところがそこで終わりではなく、ラストは侑と歩夢が観覧車で会話。濃厚な「ゆうしず」回だと思われていたが、最後の最後で王道カップリングである「ゆうぽむ」が全てを持って行ってしまった。

ただ、侑としずくの会話が今後も描かれていく可能性も十分ある。1期ではあまり掘り下げられなかったキャラクター同士の関係性にも注目していきたい。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

◆過去の「ニジガク」毎話レビューはこちら

【あわせて読みたい】