シャニマス声優の“エアプ”発覚でオタク激怒! 声優は出演ゲームをやり込むべき?

シャニマス声優の“エアプ”発覚でオタク激怒! 声優は出演ゲームをやり込むべき?

シャニマス声優の“エアプ”発覚でオタク激怒! 声優は出演ゲームをやり込むべき? (C)PIXTA

何かとトラブルが多い『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(シャニマス)界隈で、またしてもちょっとした問題が。とあるファンが「ゲームをまともにプレイしない出演声優」について苦言を呈し、さまざまな意見が寄せられている。はたして声優は、出演作のゲームをプレイする必要があるのだろうか。

声優の出演作エアプは大罪?

今回話題になったのは、一般の「シャニマス」ユーザーが『note』に投稿した意見。この中で同ユーザーは、緋田美琴役の声優・山根綺のツイートを取り上げ、ゲームをまともにプレイしていないと批判していた。

山根のツイートはガチャで“神引き”したことを報告するつぶやきだったようで、「シャニマス」の10連ガチャの結果が画像で添付されている。しかしガチャ結果の画面をよく見てみると、初期から実装されていたSSRや、レア度がワンランク低いSRのキャラにも、初めて入手したことを意味する「NEW!!」の文字がついていた。

どちらも以前からある程度プレイしている人は持っていて当たり前のカードらしく、それすら入手していない山根に、同ユーザーは怒り心頭な様子。分かりやすく言えば、出演声優が“シャニマスエアプ”なことが発覚し、熱心なファンが怒っている構図だ。

リップサービスでも“嘘”は許せない?

ただ、ユーザーが怒っているのは、単純に「エアプだったから」という理由だけではないとのこと。山根は過去に、雑誌のインタビューで「死ぬほどやり込むつもり」と公言したことがあった。

また、緋田美琴のピックアップガチャが実施された際に、自身のツイートで《一生のお願い(1回目)を使います。コミュ、見てください》と、“ガチャ煽り”のような発言をしたことも。「シャニマス」愛をちらつかせていた分、それを裏切られたように感じる人が出てしまったのかもしれない。

ただ、そういった事情を考慮した上で、《納得いかん気持ちはわかるけど仕事なんだし仕方ないだろ》《リップサービスでしょ。それくらい許すべき》《言い分は分かるけどどうさせたいんだろ。無理やりにでもゲームやらせたいんか?》などと指摘する冷静なファンも。やり込まないのに「やり込むつもり」と発言してしまったことは失敗かもしれないが、声優に出演作をプレイする義務はないというのは正論だ。

ところで山根は『ウマ娘 プリティーダービー』にもダイタクヘリオス役として出演しており、「ウマ娘」のゲームの方はだいぶやり込んでいることが明らかになっている。ひょっとしたら本当に「シャニマス」ユーザーを怒らせてしまった要因は、こっちなのかも?

文=大上賢一

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】