「オレが身に付ければ全てがブランド」ジャンプ+がローランドのパクリ漫画を掲載!?

「オレが身に付ければ全てがブランド」ジャンプ+がローランドのパクリ漫画を掲載!?

「オレが身に付ければ全てがブランド」ジャンプ+がローランドのパクリ漫画を掲載!? (C)PIXTA

『タコピーの原罪』をはじめとして、さまざまな作品がブームを巻き起こしている覇権漫画アプリ『少年ジャンプ+』。5月6日、外池達宏による新作読み切り『EYES WIDE OPEN』が公開されたのだが、同作もいろいろな意味で話題を呼んでしまったようだ。

ナルシストすぎる主人公が物議!

「EYES WIDE OPEN」は、イケメンで自意識過剰なキャラクターを題材としたギャグ漫画。主人公の「先輩」は、サッカー部の後輩をお見舞いするために病院へとやってくる。そしてその病院で、看護師の女幽霊と遭遇することになる…というストーリーだ。

作品の肝となっているのは、「先輩」なる人物のナルシストっぷり。彼は自身のファンを引き連れて登場するのだが、その女性たちを「オレを見送れるラッキーガール」と表現した上、「一番ラッキーなのはオレだ」「オレは常にオレと一緒だからな」とポジティブ発言を畳みかける。

全編こうした調子で、「先輩」は周囲を巻き込みながら自分の世界観を押し付けていく。そのダイナミックな展開に、ネット上では《こういう清々しいギャグ漫画は見ていてスッキリするな》《馬鹿馬鹿しくて面白かった》といった感想が相次いでいた。

どこか見覚えのあるセリフが…

そんな同作だが、一部の読者は「先輩」の言動に既視感を覚えてしまった模様。というのも、“ホスト界の帝王”としてお馴染みの実業家・ローランドの発言に酷似したシーンが、いくつも仕込まれていたからだ。

たとえば、「先輩」は後輩にハイブランドの時計をプレゼントするのだが、そこで「オレが身に付ければ全てがブランドになる」といったセリフを吐く。これは「自分自身がブランド物」だと豪語し、あえて高級なものを身に付けないと語っていたローランドの発言がモチーフだろう。

また、「先輩」がトイレの鏡で自分とじゃんけんを行い、勝利するシーンにも元ネタが。ローランドもまた、ツイッター上で「俺クラスになると鏡とジャンケンしても勝っちゃう」というネタを投稿したことがあった。

ほかにもさまざまな描写がローランドの言動とそっくりなので、読者たちは《ローランドが漫画になってるw》《ローランドが極まるとこうなるのかもしれない》と大盛り上がり。その一方で、《そのまんま過ぎるだろ》《ジャンプラは無法地帯感が酷いわ》と難色を示す人もいるようだ。

たしかに、パロディーがややストレートすぎるように見えるのは気になるところ。だが、ローランドほど器が大きい人物であれば、おそらく問題にはならないだろう。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

FabrikaSimf / PIXTA

【あわせて読みたい】