『にじさんじ』の火薬庫・渋谷ハジメがブチギレ!? 些細な発言が大きな注目を集める理由

『にじさんじ』の火薬庫・渋谷ハジメがブチギレ!? 些細な発言が大きな注目を集める理由

『にじさんじ』の火薬庫・渋谷ハジメがブチギレ!? 些細な発言が大きな注目を集める理由 (C)PIXTA

VTuber界隈の人気を『ホロライブ』と二分する、大手事務所『にじさんじ』。その初期メンバーである男性VTuber・渋谷ハジメにあらためて注目が集まっている。以前から失言癖があっただけに、ファンは心配せざるを得ないようだ。

麻雀配信でピリついた空気に…

今回話題になったのは、5月10日に行った麻雀ゲーム『雀魂 -じゃんたま-』の配信。ランクマッチにあたる「段位戦」をプレイしている最中に、渋谷ハジメとコメント欄の間で議論が勃発した。

とある視聴者が、どんな思考をしながら麻雀しているのかしゃべってほしいと要求。すると渋谷ハジメは、今の麻雀スキルではトークとの両立が難しいと感じたようで、「ぜひあのもっとね、段位の高い方とか、もっと麻雀の上手な方のね、配信を見ていただくようにお願いします」と答えていた。さらに、おそらくは冗談のノリだが、「そんな余裕ねんだよ!」と声を荒げてみせる。

その後、「麻雀しながらしゃべれる方としゃべれない方がいる」「俺はしゃべれません」と認めつつも、「俺も一応、こういう風に考えてるよって言えるところは言ってるから」とアピール。

また、「ああいうコメントされるとやっぱりちょっと…麻雀配信怖いなって思っちゃう」と本音を漏らすシーンもあった。

過去の発言を引きずるアンチたち

配信上の発言はちょっとした“お気持ち”レベルのものだったが、ネット上では《この程度でキレるんか…》《俺の配信がつまらなけりゃ他所行けって言っちゃだめでしょ》《なら配信しないで裏でやればいいのにね》《なんでこんな煽り耐性で配信やってんだ》などと、揚げ足を取るような声が上がっていた。

そうした反応があるのは、過去の炎上騒動が影響しているためだろう。渋谷ハジメはデビュー直後の2018年3月、人気絶頂だった月ノ美兎とのコラボで、「この勢いで四天王を食い殺す感じなのかなあ」と発言してしまったことで炎上。その後もいくつものやらかしがあり、トラブルが相次いだ結果、2019年10月からしばらく活動休止することに。

しかし復帰後は失言の数が見違えるほどに減っており、一部では《心を入れ替えたのか》とも再評価されている。それでもいまだに根に持っているアンチは多いようで、ちょっとした言動でも火種となりかねない状況だ。

今年4月には、「にじさんじ」を運営するANYCOLOR株式会社が、東証グロース市場への新規上場を承認されたばかり。今後はますます規模が大きくなり、世間の注目を集めることが予想される。《こういう配信者だから…》という扱いでは済まなくなりそうなので、より一層言動には気を遣ってほしいものだ。

文=大上賢一

【画像】

FabrikaSimf / PIXTA

【あわせて読みたい】