アニメ『ポケモン』3年越しの伏線回収?「サン&ムーン」真の最終回へ…

アニメ『ポケモン』3年越しの伏線回収?「サン&ムーン」真の最終回へ…

アニメ『ポケモン』3年越しの伏線回収?「サン&ムーン」真の最終回へ… (C)PIXTA

5月20日に放送されるTVアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)第111話に、前作ヒロインにあたるリーリエが登場する模様。さらに、約3年越しの伏線回収を匂わせるタイトルも発表されており、ファンを騒然とさせているようだ。

「サン&ムーン」の伏線が遂に回収される?

話題になっているのは、5月13日の回で放送された次回予告。タイトルは「モーンとリーリエ、雪原の再会」と銘打たれており、リーリエやその家族であるグラジオ、ルザミーネの姿が描かれていた。

いずれも前作『ポケットモンスター サン&ムーン』に登場したキャラクターだが、何よりファンを驚かせたのは、サブタイトルにある“モーン”というワード。これは行方不明となっているリーリエの父の名前だ。

もともとモーンは空間研究家で、ウルトラビーストと呼ばれるポケモンが使用する「ウルトラホール」について研究していた。しかし、ある時発生した事故によりホールへ巻き込まれて失踪状態に。

そのまま亡くなったと思われていたのだが、死んだ人間に会わせる力を持つ伝説のポケモン「カプ・レヒレ」の能力でモーンが現れなかったため、生存している可能性が急浮上。ルザミーネ主導のもと、大規模な捜索が行われていた。

「サン&ムーン」真の最終回へ…

しかし結局モーンが発見されないまま、「サン&ムーン」は最終回を迎え、現在のシリーズへと移行。多くの視聴者は宙づりとなった展開にやきもきしながら、続報を待ち続けていた。

そんな中、モーンとリーリエたちが再会するフラグが立ったとあり、盛り上がるのも当然。約3年越しとなる伏線回収への期待に、《次回リーリエとモーン再開!? 伏線回収キタァァァァ》《サンムーンの置き土産を回収してくれてありがとう…》《いつ伏線回収してくれるかと3年近く待ってたわよ!》《リーリエ、モーンさんととうとう再会するとか絶対泣く! ちゃんと伏線回収されてよかった》などとファンが大興奮しているようだ。

ちなみに、ゲーム『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』でも似たような経緯が描かれており、モーンと再会するイベントを観ることが可能。しかしそこでは、モーンが「ウルトラホール」を通過した影響から記憶喪失状態で発見されるなど、切ないストーリーとなっている。

アニメ版でも同様の結末が描かれるのかは、今のところ分からない。感動の再会を果たしてくれることを願おう。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

◆過去のアニメ「ポケモン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】