『ONE PIECE』ワノ国編はアラバスタ編のセルフオマージュ? ペドロに復活フラグが…

『ONE PIECE』ワノ国編はアラバスタ編のセルフオマージュ? ペドロに復活フラグが…

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

連載が始まった当初から、ストーリーの全体が構想されていたとも言われる漫画『ONE PIECE』。現在連載中の「ワノ国編」については、序盤で描かれた「アラバスタ編」のセルフオマージュではないかという疑惑が浮上している。

「アラバスタ編」を彷彿とさせる演出

あらためて振り返ってみると、2つのエピソードはさまざまな点で一致している。真っ先に気づくのは、ラスボスについての描写だろう。

「ワノ国編」では“四皇”のカイドウが立ちふさがったが、「アラバスタ編」では“王下七武海”のクロコダイルが敵だった。どちらも格上で、ルフィが“王下七武海”、“四皇”といった称号を持つ相手と初めて本格的に戦闘。またワノ国ではカイドウ&ビッグ・マム、アラバスタではクロコダイル&ニコ・ロビンと、女性とのタッグだったこともよく似ている。

バトルの展開にも共通点があり、ルフィが複数回敗北するシーンが。クロコダイル戦で二度の敗北を喫したことをなぞるように、カイドウ戦でも幾度も敗北していた。そして敗北の後、「肉~!」という雄たけびを上げるところも同じだ。

さらには、ルフィの戦闘中に他のメンバーが巨大な爆弾の爆発を阻止するというミッションもそっくり。「アラバスタ編」では時計台に半径10kmを吹き飛ばす時限爆弾がセットされていたが、「ワノ国編」では空を飛ぶ鬼ヶ島そのものが大量の爆発物を積んでいた。

「麦わらの一味」メンバーの描写も酷似

ルフィに関わる描写以外のところでも、共通点を見つけられる。「アラバスタ編」のゾロは、鋼鉄の体を持つ「スパスパの実」の能力者、Mr.1と激闘。そして「ワノ国編」でも、桁外れに頑丈な「百獣海賊団」の大看板・キングを相手にした。

また、「ワノ国編」から登場したヤマトは、「イヌイヌの実」幻獣種モデル“大口真神”の能力者。いわばワノ国の守り神的な存在で、「鳴鏑(なりかぶら)」という技を使用している。その一方で、「アラバスタ編」のチャカは、「イヌイヌの実」モデル“ジャッカル”の能力者。アラバスタの守護神を自称しており、「鳴牙」という技を披露していた。

他にも「アラバスタ編」では、ウソップがMr.4の4トンバットで頭を打ちぬかれたが、「ワノ国編」でもウソップがうるティの頭突きで頭をかち割られることに。そして「アラバスタ編」ではウソップ、「ワノ国編」ではナミが、“ルフィは必ず海賊王になる”といった発言を繰り出している。