『ホロライブ』星街すいせいのYOASOBIカバーが本家超え!? ファンが勝手に勝利宣言

『ホロライブ』星街すいせいのYOASOBIカバーが本家超え!? ファンが勝手に勝利宣言

『ホロライブ』星街すいせいのYOASOBIカバーが本家超え!? ファンが勝手に勝利宣言 (C)PIXTA

人気音楽ユニット『YOASOBI』が、新曲『ミスター』の公式ミュージックビデオを公開。それと同時期に、『ホロライブ』のVTuber・星街すいせいが「YOASOBI」のカバー曲を投稿した。奇しくもタイミングが重なっていたことで、両者の再生数が比較されているようだ。

「YOASOBI」と星街すいせいのデッドヒート

星街すいせいがカバーしたのは、「YOASOBI」のAyaseが2019年にリリースした楽曲『幽霊東京』。この動画は5月22日に投稿され、それから5日間で約120万再生を記録している。

一方で、『ミスター』の公式ミュージックビデオも5月22日に投稿されたのだが、こちらは5日間で約107万回再生。なんと「YOASOBI」本人の動画が、星街すいせいのカバー動画の再生数を下回ってしまった。

ちなみに「YOASOBI」の公式ツイッターは、5月23日の時点で星街すいせいのカバー動画に言及。YouTubeの急上昇ランキングでお互いの曲が上位を争っていることを示し、《負けてられませんね》と発言することで、星街すいせいを意識しているようなリップサービスを披露した。

ファンが「YOASOBI」に勝利宣言!?

そんな「YOASOBI」と星街すいせいの“再生数プロレス”までは良かったのだが、一部の「ホロライブ」ファンが増長してしまった模様。SNSなどでは、《星街は最強ってこと》《YOASOBIに勝つ星街すいせいすごいな》といった、勝ち誇ったような声が上がっていた。

また、中には「YOASOBI」へのリプライとして、《良きライバルになれるのならファンとしても光栄です》と書き込む「ホロライブ」ファンも。すっかり本家である「YOASOBI」と、肩を並べているように錯覚しているようだ。

しかし、星街すいせいはあくまでAyaseのヒット曲をカバーさせてもらっている立場。その再生数についても、原曲の人気ありきだろう。ファンがここまで“ライバル宣言”するのは、少しおこがましいようにも思えてしまう。

ちなみに同じ楽曲で比較した場合、Ayaseがセルフカバーしたバージョンの「幽霊東京」は、約2,384万回という桁違いの再生数。また、楽曲単体で公開されている方の「ミスター」は、約520万回の再生数となっている。

星街すいせい本人としても、ファンが自身の動画の再生回数で勝手に盛り上がっている現状は、あまり良く思ってはいないのではないだろうか。

文=大上賢一

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】