アニメ『名探偵コナン』伝説の“高木刑事BL回”復活!「俺たちは何を見せられてるんだ…」

アニメ『名探偵コナン』伝説の“高木刑事BL回”復活!「俺たちは何を見せられてるんだ…」

『名探偵コナン』101巻(青山剛昌/小学館)

5月28日のアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)で、2015年に放送された『高木刑事、手錠で逃走』がデジタルリマスター版で蘇ることに。過去に“伝説の回”と呼ばれたエピソードだったが、今回の復活でも大きな反響を呼んでいる。

※アニメ『名探偵コナン』の内容に触れています

コナンたちがファミレスで食事中、ウエイターの染谷竜太が同僚を殴って逃走する事件が起きる。その3日後、高木刑事が染谷をパトカーに乗せて警視庁まで連行していると、道中で染谷が暴れだし、パトカーが壁に激突。逃亡を図られてしまう。

一方で高木刑事は、染谷の手錠を自分の手にも掛け、逃げられないように対策。しかしもみ合った末、近くの崖から転落していく。無事に生き延びた2人だが、手錠のつながりは解けず、警察官と容疑者のおかしな逃亡劇が始まるのだった…。

2人は手錠を壊すために試行錯誤するが、その時に高木刑事が崖から落下しそうになる。すると染谷の心には絆が芽生えていたようで、必死に高木刑事を引っ張り上げるのだった。その後は仲が深まり、仲良く雨宿りする描写などが次々と登場。さらに夕日をバックに、まるで相棒か恋人のように草原を駆け抜けるシーンも描かれている。

まるでBLアニメのような逃走劇

最愛の人・佐藤刑事を差し置いて、染谷との“愛”にも似た友情を育む高木刑事。アニメ制作陣の確信犯的なBL描写が展開され、ネット上では《俺たちは何を見せられてるんだ…》《面白いけど「何を見せられてるんだ」って気持ちにもなる》《謎の友情が芽生えてんじゃねーよ!》といったツッコミが巻き起こっている。

そうして物語に付いていけなかった人がいる一方で、一部の腐女子は高木刑事と容疑者・染谷との熱い関係性に歓喜した模様。《なんだこのBL回www》《今日のコナンBL回だった。「高木刑事×犯人」恐らく犯人が攻めだな?》《今日のコナンは高木くんのヤバさが露呈した“プチBL同人誌”だったな。ごちそうさまでした》《高木刑事と犯人のラブコメBL展開で妄想が捗る》と、もはや“薄い本”を制作しそうな勢いだった。

現在、佐藤刑事と高木刑事の結婚を描いた劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が絶賛公開中。それにもかかわらず、BL回が放送されたことはやや違和感を抱かざるを得ない。もしかすると、高木刑事のカップリングの可能性を追求する過激派の仕業だろうか…?

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『名探偵コナン』101巻(青山剛昌/小学館)

◆過去のアニメ「名探偵コナン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】