アニメ『ポケモン』歴代最高ライバルが12年ぶり再登場! 元ダイパキッズが大興奮

アニメ『ポケモン』歴代最高ライバルが12年ぶり再登場! 元ダイパキッズが大興奮

アニメ『ポケモン』歴代最高ライバルが12年ぶり再登場! 元ダイパキッズが大興奮 (C)PIXTA

過去作の人気キャラたちが続々登場し、シリーズ集大成のような盛り上がりを見せているTVアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)。6月10日に放送予定の第114話では、“歴代最高のライバル”との呼び声も高いシンジが再登場するようで、ファンたちを熱狂させている。

ダイパ時代を彩ったライバルの凱旋

シンジは2006年から2010年まで放送された『ダイヤモンド&パール』にて、サトシのライバルを務めたキャラクター。そんな彼が、第114話『炎の特訓バトル! サトシ対シンジ!!』にて約12年ぶりに再登場するようだ。

予告映像から察するに、シンジはマスターズトーナメント準備中のサトシと修行を兼ねたバトルを繰り広げる様子。他には、サトシのゴウカザルやシンジのエレキブルといった持ちポケモンたちの姿も映し出されていた。

さらには「使えないな」「コンディションくらい把握しておけ」など、シンジの名台詞も飛び出すことに。長年求めてきた奇跡の瞬間がやってきたことで、ファンたちは《シンジ帰ってきたぁあああ!》《あれから12年…本当にバトルする日が来るとは思っていなかった》《ガッツリ見てた世代だったからテンション爆上がり》《シンジ久しぶりすぎて泣きそう》《「またバトルしようぜ!」から12年も待たせやがって…》と喜びに浸っている。

サトシのバトル観に影響を与えた人物

シンジといえば、歴代ライバルたちの中でも、一風変わった性格の持ち主だった印象。ポケモンバトルに対してストイックな姿勢を崩さず、時には手持ちポケモンに対してスパルタすぎるトレーニングを与えていた。

また、役に立たないポケモンに冷たい言葉を浴びせることもしばしば。その果てには逃したり、他人に譲渡したりと、冷徹な一面を見せることも多かった。そのため、当初はシンジに対して反感を抱くファンも少なくはなかったという。

そんなシンジの理念に対し、ファンの声を代弁するかの如く真っ向から対立していたのがサトシ。劇中では考えの違いから何度も衝突したが、結果的にシンジとの関係性がポケモントレーナーとして成長を果たすきっかけになったと言われている。

「ダイヤモンド&パール」終盤で互いを認め合ってからは、良きライバル関係に。他にはありえない独特の間柄に、往年のファンからは《ポケモンのライバルで一番好きだわ。未だに彼を超えるサトシのライバルは存在しないと思ってる》といった声も上がっていた。

そうした経緯を踏まえると、マスターズトーナメントに挑むにあたってシンジが修行相手となるのも納得。どんなやりとりを繰り広げてくれるのか、注目しよう。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

◆過去のアニメ「ポケモン」レビューはこちら

【あわせて読みたい】