『ONE PIECE』お玉は超重要人物だった?“黒炭家”の生き残りの可能性が浮上…

『ONE PIECE』お玉は超重要人物だった?“黒炭家”の生き残りの可能性が浮上…

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

「ワノ国」をめぐる戦いがひと段落した漫画『ONE PIECE』。6月6日発売の『週刊少年ジャンプ』27号に掲載された最新話では、衝撃のワンシーンが挟み込まれており、さまざまな考察が飛び交っている。九里の少女・お玉が、超重要人物だった可能性が浮上したのだ。

わずかに見える“黒炭”の文字

現在「ワノ国編」は「百獣海賊団」との戦争が終結し、エピローグに突入したところ。第1051話では、お玉が新しい将軍の誕生を見守りながら、これまでの人生の艱難辛苦について回想していく。

彼女は幼い頃に両親を失い、たった1人で気丈に生き抜いてきた。その回想シーンで注目すべきは、彼女が両親のお墓の前で手を合わせている場面だ。お墓に刻まれている文字をよく見てみると、“黒炭”という苗字が書いてあるように見える。

黒炭といえば、カイドウと組んで「ワノ国」をめちゃくちゃにした張本人、黒炭オロチの家系。またオロチの部下、カン十郎もまた黒炭姓であり、スパイとして「赤鞘九人男」を散々苦しめた相手だった。

お玉が巨悪・黒炭の家系だった可能性が浮上したことで、ネット上では《お玉が…黒炭…?》《お玉が黒炭家の可能性が出てきたって今知ったけど鳥肌立ったわ》《マジか 気付かんかった》《まさか親戚かもしれないのか》と驚愕の声が相次いでいる。

さらに、お玉の謎めいた描写には、今後のストーリーを左右する要素が含まれているかもしれない。