ジャンプ漫画の“なろう化”が止まらない! 現役作家が明かしたヒットの法則

ジャンプ漫画の“なろう化”が止まらない! 現役作家が明かしたヒットの法則

ジャンプ漫画の“なろう化”が止まらない! 現役作家が明かしたヒットの法則 (C)PIXTA

「小説家になろう」の作品は、いまや創作の一大ジャンル。そこで使用されているメソッドは、いわゆる“なろう系”だけにとどまらず、『週刊少年ジャンプ』の土壌にまで及んでいるようだ。最近では現役の連載作家から、驚きの事実が明かされていた。

読者を“スカッと”させるテンプレ展開

「なろう系」といえば、「小説家になろう」でよく見られる作品の特徴を揶揄した言葉。世間的に低く評価されていた主人公が、チート能力を手に入れたり、思わぬ才能を開花させたりすることで、一躍ヒーローとして喝采を浴びる…というのが典型的なパターンだ。

読者の感情移入を誘いつつ、スカッとした気分にさせる効果があるのだが、そんな展開は現在の「ジャンプ」連載陣にも共通している。もっとも分かりやすいのが、2020年から連載されているファンタジー漫画『マッシュル -MASHLE-』だ。

魔法が当たり前の世界で、あえて魔法が使えないマッシュという人物を主人公に設定。当然周囲からは冷遇されるのだが、鍛え上げた筋力によって奇跡を成し遂げ、評価を逆転させていくのが痛快だ。「なろう系」でいうと、「追放モノ」に分類されるストーリーと言えるだろう。

また同作の作者・甲本一は、「JUMP新世界漫画賞」の5月期審査員を務めるにあたって、創作のテクニックについて告白していた。なんでも見せ場を盛り上げるために意識していることとして、「嫌な奴で強い奴を、みんなが殴ってほしいときに殴っちゃいけない状況で殴る」という定型を使っているという。

あからさまに「なろう系」的な手法が明かされたことで、ネット上では《いやいや…なろうやん笑》《ここまではっきり言うとは清々しい》《結局人気でるにはみんなやってることをやった方がいいわけね》といった声が上がっていた。

とはいえ近年の「ジャンプ」では、「マッシュル」に限らず「なろう系」を感じさせる作品が多い。たとえば、今年3月に完結した科学漫画『Dr.STONE』は、なろう系的ジャンプ漫画の典型だろう。