ストリーマー王・加藤純一がVTuberに完全敗北!“絵畜生”発言が特大ブーメランに…

ストリーマー王・加藤純一がVTuberに完全敗北!“絵畜生”発言が特大ブーメランに…

ストリーマー王・加藤純一がVTuberに完全敗北!“絵畜生”発言が特大ブーメランに… (C)PIXTA

人気実況者である加藤純一の同時視聴者数が、ここ最近になって激減しているという。6月9日には、あれだけ馬鹿にしていたVTuberにも敗北。ファンもここ最近の体たらくにイライラしているのか、コメント欄が大いに荒れてしまったようだ。

ゲーム配信で悲惨な数字に…

6月9日に加藤は、YouTube上で2回に分けてゲーム配信を行った。1回目の『Police Simulator:Patrol Officers』のゲーム実況は、約4万人という同時視聴者数。そして2回目の『勇者30』のゲーム実況は、約2万6,000人にとどまっている。

配信者全体の数字を見てみると、これでも多い方と言えるだろう。しかし、かつて加藤純一はYouTubeの配信で10万人もの視聴者を集めていた時期があり、視聴者数ランキングもトップが当たり前の状態だった。

だが6月9日には、同じ時間帯の配信者にすら後れをとる数字。『Twitch』で配信していた“だるまいずごっど”や、“SHAKA”といったゲーム専門のストリーマーにも最大同時視聴者数で負けている。

さらに、「勇者30」のゲーム実況をしていた時間帯には、『にじさんじ』所属の女性VTuber・壱百満天原サロメも配信。この配信は約6万8,000人もの同時視聴者数を記録しており、あわやトリプルスコアといった大差をつけられていた。

侮辱していた“絵畜生”から返り討ちに…

加藤といえば、以前から配信上で、VTuberのことを「絵畜生」などと揶揄していたことで有名。おそらく初出は2019年の配信で、配信界隈で頭角を現してきたVTuberに対して、「わけの分からねぇ、うだつの上がらねぇ、プロでもねぇ女が声を当ててる“絵畜生”に俺は負けてるんだって、ずーっと腹立たしかった」と感情を吐露していた。

そんな発言の影響で、ストリーマー界隈では「絵畜生」という蔑称が広まり、ファンたちがVTuberの配信を荒らすこともあったという。当然、VTuber界隈では嫌われており、“名前を呼んではいけないあの人”扱いする風潮もある。

まさに宿敵といった間柄なのだが、最近では“絵畜生”に敗北する光景が当たり前に。《加藤純一のやつ絵畜生に負けてて草》《もう張り合う気力も配信モチベもない》《なんか完全に流れ変わったな》《純おれ悔しいよ》などと言われてしまっている。

ちなみに数字が落ち込んだ理由については、さまざまな説が。たとえば加藤は昨年結婚を発表し、今年3月には幸せいっぱいの結婚披露宴配信を行っていたが、《結婚したことによって 牙抜け落ちた感ある》《丸くなった》といった声も上がっていた。

かつては数字が数字を呼んでいた状態だったが、配信界隈ではその逆の現象も珍しくない。このまま視聴者数が減ってしまえば、“数字が好きなだけのリスナー”が去り、さらに悲惨な数字になるかもしれない…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】