『ソニック』シリーズ最新作が海外で炎上! 発売延期を求めるファンが続出した2つの理由

『ソニック』シリーズ最新作が海外で炎上! 発売延期を求めるファンが続出した2つの理由

『ソニック』シリーズ最新作が海外で炎上! 発売延期を求めるファンが続出した2つの理由 (C)PIXTA

2022年冬に発売される予定の新作ゲーム『ソニックフロンティア』が、海外で大炎上しているようだ。すでにゲームのプレイ映像などが公開されているのだが、その内容からクオリティーを不安視するゲーマーが続出してしまった。

発売延期を求める『ソニック』ファン

『SEGA』の看板キャラクターとしてお馴染みで、海外でも人気がある『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。そんな「ソニック」シリーズの新作となる『ソニックフロンティア』は、広大なフィールドをソニックが駆け回る「オープンゾーン」を採用した作品になるようだ。

しかし海外では、同作のゲーム性に疑問を投げかける声が続出。ツイッター上で「#DelaySonicFrontiers(ソニックフロンティアを延期しろ)」というハッシュタグが広まってしまった。

まだ発売すらされていないゲームだが、一体どの要素が不評を買っているのだろうか。海外の声を見てみると、何よりも「スピード感」についての批判が目立っている。

これまでの「ソニック」シリーズといえば、人間では認知できないほどのハイスピードでフィールドを駆け回り、敵を次々撃破していく爽快感が1つの売りとなっていた。だが最新作のバトル映像では、雑魚っぽい敵キャラが異様に固く、テンポが悪くなってしまいそうな雰囲気。ハイテンポなバトルを求めるファンにとっては、許しがたいポイントなのだろう。

そしてもう1点、ゲーマーに批判されている点があるようだ。