『Fallout 76』のトラウマが蘇る? ベセスダ新作『Starfield』に不安の声

『Fallout 76』のトラウマが蘇る? ベセスダ新作『Starfield』に不安の声

『Fallout 76』のトラウマが蘇る? ベセスダ新作『Starfield』に不安の声 (C)PIXTA

『Xbox & Bethesda Games Showcase 2022』にて、新作ゲーム『Starfield』のプレイ映像が公開された。同作を手掛けるのは、『The Elder Scrolls V:Skyrim』や『Fallout』シリーズなどでお馴染みの『Bethesda Game Studios』(ベセスダ)。しかし一部では、早くも不安の声が上がっているようだ。

『スカイリム』のスタジオなのに期待薄?

これまで発表された情報によると、「Starfield」は「かつてない自由度」を誇るRPG。実際に先日公開されたゲームプレイ映像では、広大なフィールドを冒険する様子や、宇宙での戦闘などが映されており、幅広いゲーム体験が楽しめそうだ。

そんな同作を手掛ける「ベセスダ」が生み出してきた名作は、これまでも“自由度”を追及したゲームが多かった印象。たとえば「The Elder Scrolls V:Skyrim」はオープンワールドRPGの金字塔とまで言われている作品で、リリースから10年以上が経った現在でも、多くのゲーマーに親しまれている。

ところが「Starfield」に関しては、日本のゲームファンからも、《面白そうやけどベゼスダかぁ》《度重なるクラッシュ・バグ祭りの未来が見える見える…》《どうせ無償デバッグに半年ぐらい掛かるんだろ》《こいつらいつもプロモでは最高傑作生み出してんな》といった辛辣な声が。数々の名作を世に送り出してきた「ベセスダ」の新作ゲームが、なぜここまで酷い言われようなのだろうか…。

『Fallout 76』のトラウマ

「Starfield」があまり期待されていない理由としては、やはり『Fallout 76』の失敗が尾を引いているのだろう。同作は人気シリーズの新作として、鳴り物入りで2018年にリリースされたが、当初の評価はボロボロ。多くのバグや薄すぎるメインストーリー、お使いクエストの多さなど、数多くの問題点を抱えており、《ベゼスダ史上最悪のゲーム》とまで言われ、世界的に炎上してしまった。

その後、何度もアップデートを重ね、現在ではようやく遊べるゲームになったようだが、リリース当初の印象からいまだに「クソゲー」のレッテルが貼られている。そのため「Starfield」に関しても、「Fallout 76」と同じように“未完成”の状態でリリースされるのではないか…と心配されているようだ。

また、開発したスタジオは違うが、ここまで公開されているゲームの雰囲気が『No Man’s Sky』に似ていることも、一部のゲーマーを不安にさせている様子。同作はオープンワールド史上最大級の広大さを誇ると言われていたが、リリースからしばらくの間は進行不能バグなどのオンパレードで大不評だった。その後数多くのアップデートの末、良ゲーになったという「Fallout 76」と同じパターンだ。

現在では、“自由度の高さ”を売りにした新作ゲームは手放しで喜ばれない風潮に。「Starfield」はしっかり“完成品”としてリリースされるのだろうか。バグ報告のためにゲームをプレイさせられるのは、正直なところ勘弁願いたいが…。

文=大上賢一

【画像】

arucik / PIXTA

【あわせて読みたい】