『ヒロアカ』356話エンデヴァー=ライナー説が再燃!『進撃の巨人』のような“呪い”描写

『ヒロアカ』356話エンデヴァー=ライナー説が再燃!『進撃の巨人』のような“呪い”描写

『僕のヒーローアカデミア』34巻(堀越耕平/集英社)

『僕のヒーローアカデミア』の第356話『敵について』が、6月20日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に掲載。地獄のような過去を背負っているヒーロー・エンデヴァーの内面がこれまで以上に深く描き出され、読者を唸らせてしまった。

※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています

AFO(オール・フォー・ワン)との戦いがスタートするなか、主戦力であるはずのエンデヴァーが負傷によって離脱。ホークスたちがAFOの一撃によって倒されようとした刹那、ギリギリで復活を遂げる。その直前、エンデヴァーは自分の中の自分と向き合うことで、己の道を確かめたのだった。

“自分”はエンデヴァーがどれだけもがいても超人にはなれないことを突き付け、原点が「弱さ」にあったことを指摘する。彼はオールマイトのような「真の超人」を妬み、卑屈にエンデヴァー(努力)と名乗ってきたのだ。しかしこの戦いでは己の弱さを呪い続けるという覚悟によって、あらためて命が光を放つ…。

振り返れば、エンデヴァーは自分では超人には勝てないと自覚し、その怨念から息子たちに厳しい教育を行ってきた。結果として惨劇を招き、荼毘を生み出したことで、自縄自縛に囚われていたのだろう。

だが、ここにきてその弱さをあえて受け入れることで、新たな境地に至ろうとしている。その姿に読者も《己にかけた呪いを力に変えて立ち上がるの、これ以上ないライジングでひっくり返った》《己の弱さを呪いながら自分の歪さを認めながら、それでも使命に殉じるか…》と胸を打たれたようだ。

強者になりたいという強い想いと、現実とのギャップに苦しめられてきたエンデヴァーの歩みは、爆豪勝己のそれとも似ている。2人はいずれも強さを求めた後、自分の弱さと向き合うこととなった、努力型のヒーローだ。オールマイト、そして緑谷出久がライバルに位置しているのも、共通したところがある。

しかしエンデヴァーは、他にも意外なキャラクターと似ているという…。