ジャンプ“暗黒期”を救う存在? 新人向け賞レース『新世界漫画賞』傑作揃いの伝説回に

ジャンプ“暗黒期”を救う存在? 新人向け賞レース『新世界漫画賞』傑作揃いの伝説回に

ジャンプ“暗黒期”を救う存在? 新人向け賞レース『新世界漫画賞』傑作揃いの伝説回に (C)PIXTA

新人発掘にも余念がないことで知られる『週刊少年ジャンプ』。数々の賞レースを打ち出しているが、その1つである『JUMP新世界漫画賞』が近年まれに見る大豊作となったようだ。果たして“暗黒期”を救う才能は現れたのだろうか…?

ジャンプに新たな才能誕生の予感!

「JUMP新世界漫画賞」は、2017年から始まった新人向けの賞レース。「ジャンプ」でピアノ漫画『PPPPPP』を連載中のマポロ3号を輩出するなど、新進気鋭の漫画家を発掘している。

賞のランクは上から「入選」「準入選」「佳作」と分かれており、最高位である入選の受賞者は60回以上開催された中でも1人だけという狭き門。佳作でさえ難しい賞だと言えるだろう。

そんな中、6月20日に発表された2022年4月期の「JUMP新世界漫画賞」では、6名もの作家が佳作を受賞。なんと過去1番の受賞者数を記録したという。

「少年ジャンプ漫画賞」公式ツイッターは、《前代未聞の傑作ぞろいの伝説回》として今回の受賞作品を絶賛。作品は「ジャンプ+」でも無料公開されており、大きな反響を呼んでいる。

「ジャンプ」を支える新時代の才能

選考作品の中でトップだった作品に贈られる「超新星賞」は、浦飼キイチの『シャッフル』が受賞。同作は、ルールでがんじがらめの進学校を舞台として、3年生の少年少女たちが奇妙な事件に巻き込まれるストーリーだ。

身近な設定からシュールな展開へとつながっていく群像劇で、巧みなストーリー構成が強み。SNS上では、《これはすごかった、どうしたらこんな作品描けるんだ》《超面白い。アニメでも実写映画でも演劇でも見たい》と好評を呼んでいる。

また、今期の最年少受賞者となったのが、18歳で『山の神の守り神』を書き上げた三添大吾。巨大な猫の姿をした山の神と、孤独な少女が心通わせる物語で、ジブリ映画のような空気感が魅力だ。

他にも、非人道な研究施設から逃げ出した名もなき少女と、任侠を重んじる暴力団員・桑田とのハートウォーミングな交流を描いた『桑田とトンカツ』なども好評。《好きすぎて6回読んだわあ…》《お気に入りすぎてめっちゃ読み返してる》と、読者たちを虜にしていた。

「ジャンプ」本誌はあと数年で暗黒期に突入すると囁かれているが、新たな才能の開花が間に合うことを祈りたい。

文=野木

【画像】

koldunova / PIXTA

【あわせて読みたい】