新生『ベルセルク』に絶賛! 連載再開の立役者と三浦建太郎さんにグリフィスとガッツの影

新生『ベルセルク』に絶賛! 連載再開の立役者と三浦建太郎さんにグリフィスとガッツの影

新生『ベルセルク』に絶賛! 連載再開の立役者と三浦建太郎さんにグリフィスとガッツの影 (C)PIXTA

作者・三浦建太郎さんの急逝により、未完となっていた伝説的バトルファンタジー漫画『ベルセルク』。同作が6月24日発売の『ヤングアニマル』13号から、まさかの連載再開を果たすこととなり、歓喜の声が相次いでいる。

本家と遜色のないクオリティーに…

「ベルセルク」は1989年から30年以上連載されていたが、2021年に三浦さんが亡くなったことで、連載中断へ。しかし三浦さんの親友である漫画家の森恒二が、最終回までのストーリーを聞いていたということで、再始動を果たすこととなった。新たな連載は原作:三浦建太郎、漫画:スタジオ我画、監修:森恒二という布陣で執筆が行われている。

連載再開第1話では、妖精島に身を寄せていたガッツの前に、グリフィスが突如として襲来。復讐に燃え斬りかかるガッツを意に止めず、そのまま煙のように消えてしまう。そしてその代わりのように、ガッツを幾度も苦しめた強大な魔物・ゾッドが現れる…という展開だ。

邪悪なものの気配に怯える妖精たち、氷のような冷たい美しさを湛えるグリフィス、そして作者の情念を感じさせるまでに描き込まれた、復讐に燃えるガッツの表情…。そこには連載休止前と変わらぬ「ベルセルク」があった。

新生「ベルセルク」は読者たちにも受け入れられているようで、《再開したベルセルクがめっちゃベルセルクで凄い(語彙消失)》《これホントに三浦先生が描いてないの…? クオリティーそのままだわよ》《ベルセルクやばい。クオリティー高すぎる。しかも激アツ展開でやばい》《本当にベルセルクだった。読んだのは紛れもなくベルセルクでした!》《最終ページなんでか分からんけど泣きそうになったわ》と絶賛の嵐が巻き起こっている。

立役者は「ベルセルク」キャラのモデル?

今回の復活劇が読者に受け入れられているのは、やはり森恒二の存在が大きいだろう。彼は『ホーリーランド』や『自殺島』などで知られる有名漫画家だ。

2人は学生時代から付き合いがあり、高校生の頃には合作で『週刊少年サンデー』に作品を投稿したことも。お互いにブレイクしてからも、連絡を取り合いながら漫画家として活動してきたという。親友という言葉では足りないほど、深い縁のある間柄だったのだろう。

三浦さんにとって、ライバルであり友人である森の存在は大きな影響を及ぼしたようで、「ベルセルク」にもその痕跡が。2016年に『コミックナタリー』で完全版が掲載された鳥嶋和彦との対談では、自身と森の関係性が、グリフィスとガッツのモデルとなっていることを語っていた。

作者と仲がいいだけでなく、作品にまで影を落としていた“同志”の存在。ファンにとっては、新生「ベルセルク」を任せられる唯一の人物なのではないだろうか。

文=Tら

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】