『ONE PIECE』最終章のカギ?“Dの意志”とは一体何なのか…

『ONE PIECE』最終章のカギ?“Dの意志”とは一体何なのか…

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

いまだ多くの謎を残している漫画『ONE PIECE』において、とくに考察が盛り上がっているのが「D」の一文字。モンキー・D・ルフィを含む「Dの一族」、そして彼らが受け継いでいるという「Dの意志」とは、一体何を意味しているのだろうか。

「D」の名を持つキャラクターたち

いまだ「Dの一族」の詳細は明かされていないが、まず共通点としては名前の一部に“D”の文字を持つことが挙げられる。ルフィ以外には、海賊王だったゴール・D・ロジャーや、ルフィの義兄であるポートガス・D・エースなどが存在しており、その数はすでに10人余りに及んでいる。

最近ではすっかり便利屋に定着しているローも、隠し名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。元海軍中将で、8歳のロビンを助けたハグワール・D・サウロなども、意味深なことに“D”の名を背負っていた。

また、「D」に関しては、第154話『アラバスタへ』にてDr.くれはが匂わせぶりなセリフを残している。「生きてたのか」「“D”の意志は…」と、一族に通底する“意志”の存在が示されていたのだ。

さらに考察を進める上で、重要な手掛かりとなるのが第764話『ホワイトモンスター』。そこでロシナンテが語った内容によると、「Dの一族」はある土地において“神の天敵”と呼ばれているという。

「ONE PIECE」世界の神といえば、やはりマリージョアに住む世界貴族“天竜人”を指すものと考えたくなる。だとすると、「Dの一族」は天竜人に敵対する意志を宿命づけられているのかもしれない。

また、同じく天竜人との関係でいうと、「ONE PIECE」でたびたび登場する「空白の百年」や、過去に存在したとされる「巨大な王国」との関連性も見えてくるはずだろう。