『にじさんじ』新時代のエースはもう1人いた…『ホロライブ』を脅かす周央サンゴ無双

『にじさんじ』新時代のエースはもう1人いた…『ホロライブ』を脅かす周央サンゴ無双

『にじさんじ』新時代のエースはもう1人いた…『ホロライブ』を脅かす周央サンゴ無双 (C)PIXTA

最近のVTuber業界を盛り上げた立役者といえば、やはり真っ先に名前が挙がるのは壱百満天原サロメだろう。しかし『にじさんじ』で今勢いがあるのは、彼女だけではないらしい。YouTubeのとある指標は、周央サンゴという“もう1人のエース”の誕生を指し示している。

「遅れてきた新人」がついにブレイク

YouTubeにおける投げ銭「スーパーチャット」のデータをまとめているサイト『PLAYBOARD』。そこで6月20日~6月26日にかけて、もっとも多くの金額を集めたチャンネルを調べたところ、周央サンゴが1位に輝いていたことが分かった。

スパチャの額は約539万に達しているが、ほとんどは6月24日に行われた「3Dモデル」のお披露目配信で集まったようだ。同配信は2020年8月にデビューした周央サンゴの、約2年弱にわたる活動の総決算となっており、ファンたちも惜しみなく祝福を贈ったのだろう。

配信内では、『サンリオ』や『志摩スペイン村』公式による協力のもと、デビュー当時から激推ししてきたポチャッコとの共演や、「きっとパルケエスパーニャ」を使った企画などが実現。他にもユニークな企画を多数行っていたが、いずれも周央サンゴがこれまで熱意を傾けてきたものと関係しており、たんにバズを狙った配信ではなかった。

結果として同時接続数が最高10万人を超えるほどの熱狂を見せたのも、納得といったところ。数字的には「にじさんじ」新時代のエース・壱百満天原サロメと並ぶほどだが、周央サンゴは長い下積みの後に開花した“努力型”の配信者。タイプの違う2人が、今後の「にじさんじ」を牽引するのかもしれない。

さらに、2位以下のスパチャランキングを見ていくと、周央サンゴの“1位”が意味するところを違った角度から理解できるだろう。