『パリピ孔明』ゲリラライブ描写に批判殺到!?“リアリティライン”が試される令和アニメ

『パリピ孔明』ゲリラライブ描写に批判殺到!?“リアリティライン”が試される令和アニメ

『パリピ孔明』ゲリラライブ描写に批判殺到!?“リアリティライン”が試される令和アニメ (C)PIXTA

アニメ『パリピ孔明』の第11話で放送された、渋谷のど真ん中でゲリラライブをする描写が物議を醸している。フィクションで描かれる違法行為にも厳しい目が向けられる昨今、今後のアニメ作りでは“リアリティライン”の設定が重要視されそうだ。

フィクションの迷惑行為が許せない?

問題の「パリピ孔明」第11話を簡単に説明すると、まず物語の中心として描かれているのは、『サマーソニア』という音楽フェスへの出場権を賭けた10万イイネ企画。SNSで10万イイネを稼いだアーティストが出場権を得る企画だが、敵対するガールズバンド『AZALEA』は、金の力でイイネを集める策に出る。

その策とは、「AZALEA」のゲリラライブのQRを読み取り、特設サイトでイイネすることで、抽選で100万円が当たるプレゼント企画を行うもの。ゲリラライブの場所は“渋谷のどこか”としか明かされていなかったため、当日には多くの人々が渋谷に殺到した。

対する孔明は100万円企画で人が集まっている状況を利用し、先手を打って渋谷でゲリラライブを敢行。先に10万イイネを集めてしまおうという狙いだ。

まさに「赤壁の戦い」の10万本の矢。孔明が軍略で月見英子というシンガーのマネージメントをする「パリピ孔明」らしい展開だが、“迷惑行為”だとマジレスする視聴者が続出し、ちょっとした炎上騒動に発展してしまった。

昨今の視聴者がいろいろと過敏になっていることが分かるが、実は同じような描写があっても、炎上する作品としない作品が存在する。その違いは、「リアリティライン」にあるという。