壱百満天原サロメがプチ炎上!?「罰ゲーム企画」に過保護ファンがブチギレ

壱百満天原サロメがプチ炎上!?「罰ゲーム企画」に過保護ファンがブチギレ

壱百満天原サロメがプチ炎上!?「罰ゲーム企画」に過保護ファンがブチギレ (C)PIXTA

『にじさんじ』所属のVTuber・壱百満天原サロメが、家庭用脱毛器『ケノン』の案件配信を行った。しかし同配信でサロメへの“罰ゲーム”が用意されていたことから、一部ファンの怒りを買ってしまい、ちょっとした炎上騒動に発展している。

罰ゲーム前提のクイズ企画

同配信の趣旨は「ケノンからの挑戦状」という形で、サロメが「ケノン」に関するさまざまなクイズに答えながら、商品を紹介するという内容。そしてクイズに答えられなかった場合、サロメは罰ゲームを受けることになる。

しかしクイズの難易度はだいぶ高く、たとえば「ケノンは照射面積がとても大きく、1照射で7平方センチメートルもあります。では、レベル1で寿命いっぱいの300万発照射した場合、たたみ(江戸間換算)で何畳分の照射ができるでしょう?」といった問題が。ちなみに答えは1,355畳なのだが、明らかにサロメに罰ゲームを受けさせることが前提のクイズだ。

そんな案件配信でサロメは、クエン酸とドリアンソーダを飲んだり、電気を受けながら「フニクリ・フニクラ」を歌ったりといった罰ゲームを実行。罰ゲームを受けるサロメの“100万点”のリアクションを楽しむ配信となっていた。

配信後半ではバランスを取っていたが…

配信上で明かされている情報を見ると、案件先が用意した罰ゲームの企画に、「にじさんじ」運営がGOサインを出した形だと思われる。

しかしサロメが“ひどい目に遭う”ことが許せないファンは多かったようで、ネット上では《罰ゲームは冗談抜きで笑えなかった》《こんな企画を気分良く見られると思うか》《罰ゲームをやるサロメ嬢が気の毒で不愉快なんですが》《全力で頑張っていたサロメ嬢には大変申し訳無いけれども、罰ゲーム企画は非常に不快だった》《サロメちゃんが好きな人がサロメちゃん苦しんでるの見て面白いって笑えると本当に思ってたのかな》《罰ゲームは正直雑すぎてただただサロメちゃんが可哀想だった》といった声が。

一応、配信の後半では、それまでサロメに罰ゲームを受けさせていたスタッフに対し、サロメが反撃するという展開に。また最後には「シークレットコーナー」として、案件配信を頑張ったサロメにシャトーブリアンと高級テキーラが贈られるというサプライズプレゼントがあった。

これには散々罰ゲームを受けてきたサロメも「ぜーんぶ許してあげる!」とご満悦。前半の罰ゲームパートだけが続いていたらもっと荒れていたかもしれないが、後半でバランスをとっていた印象だ。

ただそれでもファンとしては、後半部分のような“やさしい企画”だけを見ていたかった模様。100万点のお嬢様を目指すサロメには、低俗な罰ゲーム企画などふさわしくないということなのだろう…。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】