『ホロライブ』兎田ぺこら完全復活!「冷めチキ騒動」を乗り越えて“王”に返り咲く

『ホロライブ』兎田ぺこら完全復活!「冷めチキ騒動」を乗り越えて“王”に返り咲く

『ホロライブ』兎田ぺこら完全復活!「冷めチキ騒動」を乗り越えて“王”に返り咲く (C)PIXTA

『にじさんじ』の壱百満天原サロメ、『ぶいすぽっ!』の猫汰つな…。次々とスター配信者が台頭しているVTuber業界。『ホロライブ』のエースだった兎田ぺこらはやや存在感が薄くなっていたが、ここにきて“王”の威光を取り戻しているという。

活動3周年ライブで驚異の同接

7月17日、兎田ぺこらは活動3周年を記念した3Dライブを開催。同期である宝鐘マリンや白銀ノエルといった3期生、常闇トワやラプラス・ダークネスといった後輩たちもお祝いに駆けつけ、大盛況のうちに幕を閉じた。

視聴者たちも大いに盛り上がり、最大同時接続者数は約14万人を記録。さらにスーパーチャットも200万円ほど集まり、ツイッターの世界トレンド1位を獲得するなど、“ぺこら一色”のメモリアルデーとなったようだ。

アニバーサリーライブは同接が高くなりがちだが、それにしても他のVTuberではなかなか到達できないほどの数字だったことは間違いない。一時期は失速していた感もあるが、いまや全盛期と変わらぬ輝きを放っている。

兎田ぺこらの失速といえば、やはり昨年のクリスマスイブに勃発した通称「冷めたチキン騒動」が有名だろう。その日は配信があると思われていたが、何の連絡もなく“ドタキャン”したことで、ショックを受けるファンが続出。野次馬的に騒動が拡散されたことで、ネタなのか本気なのか分からないが、「チキン冷めちゃった…」といったネットミームが生まれたほどだ。

冷めたチキンを温めなおす神対応

その後、5月ごろに声帯結節を理由として活動休止していたが、6月半ばに配信活動を再開。復帰配信は同接10万人を記録するほどの盛り上がりだったが、そこからさらに配信者としての“神ムーブ”を連発している。

7月6日には、後輩であるラプラスとのコラボ配信を実施。その中で自ら「冷めたチキン騒動」に触れたことで、ネットユーザーたちの度肝を抜いた。

「活動してて一番やらかしたエピソード」という話題になった時、コメント欄に触れる形でクリスマスの出来事を回想。兎田ぺこらいわく、「やるネタがなくて」配信を行わなかっただけだったが、前日に冗談として「クリスマスはみんなで1日過ごしたい」的な発言を漏らしていたことが誤解を招いたそう。

そして「『俺は信じてたんやぞ、ぺこら…』みたいな感じでさぁ、冷めちゃったらしくて…」と、例のミームに触れていく発言を繰り出した上、「今年はみんな過ごそうね」「これでぺこーらがクリスマス今年やらなかったら、もう言っていいよ」と宣言していた。

タブーに自ら突っ込んでいくような立ち回りに、ファンたちも《ネタに昇華できたのめっちゃデカい》《クッソ笑わせてもらったからOKです》《今年のクリスマスが楽しみだ》と満足げ。冷めた心もホカホカに温められたようだ。

活動開始から3年が経ち、絶好調を迎えている兎田ぺこら。「ホロライブ」の反撃は、ここから始まるのかもしれない。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

photosvit / PIXTA

【あわせて読みたい】