田中理恵(43)、釘宮理恵(43)、井上喜久子(17)…色気をウリにするベテラン声優たち

田中理恵(43)、釘宮理恵(43)、井上喜久子(17)…色気をウリにするベテラン声優たち

田中理恵(43)、釘宮理恵(43)、井上喜久子(17)…色気をウリにするベテラン声優たち (C)PIXTA

声優のアイドル化が進み、写真集などを発売することも珍しくなくなった昨今。若い者には負けていられないと、芸歴20年以上のベテラン女性声優が新境地を切り開き始めている。彼女たちの武器は、熟成された“色気”にあるようだ。

いつまでも“年齢不詳”の女性声優たち

まず注目したいのは、御年43歳の田中理恵。『機動戦士ガンダムSEED』のラクス・クライン役や、『ローゼンメイデン』の水銀燈役で知られる人気声優であり、そのルックスも高く評価されてきた。

6月24日に発売された写真集『お気に召すまま』は、そんな田中の“今”が詰まった1冊。彼女が演じるアニメキャラのコスプレのほか、セクシーなランジェリー姿や、布1枚をまとっただけの刺激的なショットも収録されている。

とりわけ注目を集めたのが、ツイッターでも公開されたバニーガール姿のバックショット。布面積の少ないコスチュームはもちろん、透き通った肌や引き締まったボディがファンを大興奮させた。

何年経っても変わらぬ美貌を誇るのは、田中だけではない。“永遠の17歳”でお馴染みの井上喜久子は、9月24日に撮り下ろしのグラビアを収録したエッセイ『井上喜久子17才です「おいおい!」』を発売する予定だ。

これに先立ち、ブレザーの制服を身にまとった写真も公開。両手でピースする茶目っ気も披露しつつ、すらりと伸びる美脚はミニスカートと相性バッチリ。こちらも、《間違いなく女神》《まだ余裕で着れますなぁ》と絶賛されていた。