安倍元首相の護衛はなぜ失敗した?『HUNTER×HUNTER』が描く要人警護の心得

安倍元首相の護衛はなぜ失敗した?『HUNTER×HUNTER』が描く要人警護の心得

『HUNTER×HUNTER』36巻(冨樫義博/集英社)

世界中に大きな衝撃を与えた、安倍晋三元首相の銃撃事件。容疑者が至近距離から発砲していたことから、警護にあたっていたSPの働きを疑問視する声も上がっている。そんな中、冨樫義博による大人気漫画『HUNTER×HUNTER』を“お手本”として称える漫画好きも少なくないという。

「ヨークシン編」ネオンの警護体制が完璧

「HUNTER×HUNTER」を読んだことのある人には分かるだろうが、同作では至るところで“要人警護”のエピソードが登場する。

たとえば真っ先に思い出すのが、単行本の8巻から13巻にかけて展開された「ヨークシン編」。そこではクラピカが「ノストラード組」というマフィアに加わり、組長の娘であるネオンの警護にあたるのだった。

そして第70話『ヨークシンへ』では、警護団に加わったクラピカが、リーダーであるダルツォルネから要人警護の“本質”を叩き込まれるシーンが。クラピカは最初、ネオンを狙う人物の心当たりを問いかける。その答えに応じて対応策を練ることで、護衛がより安全になると主張するのだ。

しかしダルツォルネはその質問を一笑に付す。いつ誰がどんな方法で襲ってきても対処するべきだとして、「敵の姿を勝手に想像するな」「近づく者全てが敵だ」と返すのだった。

実際にクラピカが加入する以前、偽情報から敵の姿を“想像”したことで、チームやネオンを危険にさらした護衛が存在したそう。その人物は処分され、反省を促すように壁のオブジェと化していた──。