シャンクスはやはり黒幕だった!?『ONE PIECE』1054話で発覚した“運命”とは…

シャンクスはやはり黒幕だった!?『ONE PIECE』1054話で発覚した“運命”とは…

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

1カ月にわたって休載していた『ONE PIECE』が、7月25日発売の『週刊少年ジャンプ』34号より連載再開。第1054話『炎帝』では、いよいよ物語が最終章に突入し、さまざまな新情報が明かされている。中でも注目を集めたのが、赤髪のシャンクスの動向だ。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

「ワノ国」でルフィたちが宴に興じる一方で、海軍大将・緑牛と侍たちのバトルが勃発。そんな緊迫した空気のなかで、「赤髪海賊団」の船が近海までやってきていた。

シャンクスは新たな四皇となったルフィの手配書を見て、感慨にふけるのだが、そこから過去シーンへと突入。「CP9」が乗っている海軍の船から「悪魔の実」を奪取する描写や、ルフィと過ごした平穏な日々、そして近海の主に腕を食われる瞬間を振り返っていく。

しかし現在のシャンクスは、まだルフィに会うつもりはない模様。ラッキー・ルウたちのブーイングをよそに、「ひとつなぎの大秘宝」(ワンピース)を獲りに行くことを宣言するのだった…。

これまで一切物語に関わってこなかったシャンクスが、いよいよ動き始めそうな雰囲気。読者たちのボルテージも上がっているが、それとは裏腹に“黒幕説”も再燃しているようだ。ネット上では、《シャンクスはゴムゴムの実の真実を知ってたのか?》《ゴムゴムの実に関してはもう意図的だったと考えてもいいのかな》《ヒトヒトの実を世界政府の船から強奪して、ルフィに食べさせたのも全て計画…?》と疑う声が相次いでいる。

含みのある“笑み”の意味するところ

実際に今回のエピソードには、気がかりな部分が数多くある。まず「赤髪海賊団」は、かつて海軍の船から「ゴムゴムの実」もとい「ヒトヒトの実」幻獣種モデル“ニカ”を奪っていた。回想シーンをみるかぎり、その船には他に財宝がなかったそうなので、明らかに意図的な強奪だったと思われる。

そしてシャンクスが目にした手配書には、“ニカ”として覚醒したルフィの姿が映っているのだが、「これが………」と何やら意味深な反応を示していた。最初から「ニカ」の実であることを分かっていて、ルフィの成長を見守っていたように見えてしまう。

このタイミングで「ひとつなぎの大秘宝」を獲りに行くことを宣言したのも、何か意味があるはず。たとえば「ゴムゴムの実」の覚醒こそが「ひとつなぎの大秘宝」のカギとなっており、シャンクスはそれを長年待っていた…とすれば辻褄が合うのではないか。

さらに回想シーンでは、近海の主に左腕を食われる直前、シャンクスが意味深な笑みを浮かべるようなコマも。実は左腕を失ったのも事故ではなく、何らかの意味がある行為だったのだろうか。

ちなみに今回、シャンクスが口にしていた酒の瓶には、「六十七酒 五番」という文字が。この数字はベートーヴェンの「交響曲第5番ハ短調作品67」、すなわち「運命」を連想させる。ルフィがニカとして覚醒したのも、シャンクスが定めた「運命」の一部に過ぎない…のかもしれない。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】