『Apex』は『荒野行動』より格下? 新スキンがジャンプキャラのパクリだと話題に

『Apex』は『荒野行動』より格下? 新スキンがジャンプキャラのパクリだと話題に

『Apex』は『荒野行動』より格下? 新スキンがジャンプキャラのパクリだと話題に (C)PIXTA

7月20日より、人気ゲーム『Apex Legends』にて特別なスキンが登場する「外伝イベント」が開催中。そこで『週刊少年ジャンプ』作品をパロディした衣装が販売されているのだが、度を越した“パクリ”だという疑惑が浮上していた。

ジャンプキャラ風のスキンが話題に

物議を醸しているのは、「外伝イベント」期間中に入手できる限定スキン。いずれも「ヒーロー」をテーマとしたデザインらしいが、なにやら見覚えのある衣装が混ざっている。

たとえばワットソンに用意されている「雷魂」は、黒とオレンジの特徴的なジャージや背中に巻物を担いでいるような意匠。さらに、しめ縄や手裏剣風の装備から察するに、おそらく『NARUTO -ナルト-』が元ネタになっているのだろう。

他にもオクタンの「船内歩行」は、麦わら風ハットに加えて胸部には傷跡があるため、『ONE PIECE』の主人公・ルフィがモチーフになっているという説が。赤いベストとデニムのハーフパンツを合わせている点も一致しているので、間違いなさそうだ。

ほかには『ドラゴンボール』や『僕のヒーローアカデミア』などのパロディ衣装が登場。また「ジャンプ」だけでなく、『新世紀エヴァンゲリオン』や『セーラームーン』、『東京喰種トーキョーグール』などのオマージュも指摘されている。

あの「荒野行動」ですら公式コラボなのに…

いずれも原作キャラの要素を再現しつつ、上手く「Apex」のレジェンドたちに落とし込んでいる印象。喜んでいるファンも多いのだが、今回のイベントは公式からコラボとは明言されていない。つまりはオマージュの類なのだろう。

しかし“やりすぎ”だと感じるファンからは、《これはインスパイアというよりパクリって言った方が的確》《スキン公認じゃなくてパクリってマジですか!?》《Apexは文化盗用パクリ根性を悔い改めて》などと言われてしまっている。

ちなみに同ジャンルの他タイトルでは、「ジャンプ」作品と正式なコラボを果たしているケースが多い。たとえば『フォートナイト』は、昨年11月と今年6月の2回に渡って「NARUTO -ナルト-」をテーマにしたイベントを開催していた。

さらには、人気ゲーム『PUBG』の“パクリ疑惑”によって泥沼の訴訟沙汰にもなった『荒野行動』ですら、公式コラボを実施。7月8日~17日のスケジュールで、「ONE PIECE」とコラボを行い、登場キャラのコスチュームなどを実装している。

そのためネット上では、《APEX君許可とってないってマジ?荒野以下で草》《フォトナや荒野以下じゃん》と揶揄する声も。“覇権FPS”としての誇りを取り戻してほしいところだが…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】