今のジャンプでは掲載不可?『ぬら孫』男性読者を虜にしたセクシーキャラ・羽衣狐

今のジャンプでは掲載不可?『ぬら孫』男性読者を虜にしたセクシーキャラ・羽衣狐

今のジャンプでは掲載不可?『ぬら孫』男性読者を虜にしたセクシーキャラ・羽衣狐 (C)PIXTA

2008年から2012年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された妖怪任侠漫画『ぬらりひょんの孫』。数多くの人気キャラが登場した同作だが、その最大の功績とされているのが羽衣狐だ。一体彼女のどんなところが、読者たちの心を鷲掴みにしたのだろうか。

妖艶すぎるオリジナル妖怪・羽衣狐

「ぬらりひょんの孫」は、大妖怪ぬらりひょんの血を4分の1だけ受け継ぐ少年・奴良リクオを主人公とした物語。リクオが「奴良組」の三代目として妖怪の世界と向き合い、成長していくストーリーが描かれている。

明るく愉快な妖怪たちや戦闘に長けた妖怪など、さまざまな妖怪が描かれた同作だが、とりわけ特殊な需要があったのが羽衣狐。あまりにセクシーだったため、多くの少年たちの性癖がゆがむキッカケになってしまったのだ。

羽衣狐は、九尾の狐をモデルとして考案されたオリジナル妖怪。京の妖怪たちを束ねる大妖怪として登場し、リクオたちを苦しめることに。物語中盤までは大ボス的立場の敵キャラだったが、その後もたびたび姿を現し、ファンたちを喜ばせた。

その特徴は、人間に憑依し、転生・復活できるという性質にある。外見は憑依している人間そのものになるのだが、作中では山吹乙女の姿を借りた女子高生の令嬢になっていた。真っ黒な長髪にロングスカートのセーラー服、黒のストッキングという、ダウナーで妖艶なビジュアルには、時代を感じさせない魅力があふれている。

とはいえ、もちろん羽衣狐の魅力はビジュアルだけではない。