「堀越先生を信じろ…」衝撃展開『ヒロアカ』362話に阿鼻叫喚!“最大の見せ場”とは一体…

「堀越先生を信じろ…」衝撃展開『ヒロアカ』362話に阿鼻叫喚!“最大の見せ場”とは一体…

『僕のヒーローアカデミア』35巻(堀越耕平/集英社)

8月8日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』で、衝撃の展開が描かれた。作中トップクラスの人気を誇る爆豪勝己が、これまでにない悲劇に見舞われてしまい、読者たちは阿鼻叫喚といった様子だ。

※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています

第362話『Light Fades To Rain』では、覚醒した死柄木弔を討つべく、ヒーローたちが一致団結して抵抗。通形ミリオ、波動ねじれ、天喰環の3人が、見事な連携によって一撃を食らわせるのだが、それでも死柄木の撃破には至らない。

そこで立ち上がったのが、重傷を負っていた爆豪だ。彼の個性「爆破」は副作用による進化を遂げ、新たな境地に至りつつある模様。死柄木の技を見切り、互角のスピードで応戦してみせた。ところが死柄木は、さらなる悪夢を見せ付けてくる…。

爆豪は死柄木の反撃を受け、心臓を貫かれたのか、ピクリとも動かない状態に。周囲のキャラクターも呆然としており、すでに死亡しているようにも見えてしまう。

作者が発言していた「見せ場」とは

有名な話だが、「僕のヒーローアカデミア」の作者・堀越耕平は、爆豪ファンに、とある“約束”を行っていた。昨年12月19日の『ジャンプフェスタ2022』にて、「今後、最大の見せ場があります」「カツキ好きな人も嫌いな人も楽しみにしててください」と伝えていたのだ。

今のところ爆豪はまだ何もなしえておらず、道半ばで力尽きてしまった状態。まさか死亡シーンが「最大の見せ場」とも思えないので、ここから予想を裏切るような展開があるのかもしれない。

とはいえ、爆豪は作者も勘づいているように「嫌いな人」がかなり多くいるキャラクター。最近では緑谷出久と和解し、徐々にヒーローらしい性格に近づいていたが、今回のラストシーンについて《ぶっちゃけ爆豪嫌いだからまあ…》《爆豪嫌いとしては嬉しい》《爆豪嫌いワイ、ニヤニヤが止まらん》といった反応すら上がっているほどだ。

しかし爆豪は、人気投票で幾度となく1位を獲得してきたキャラ。ファンからは《かっちゃんのこと考え過ぎてキモオタっぷりが天元突破してるのでちょっと深呼吸します。堀越先生を信じろ…》《かっちゃん…いやまあ生きてるでしょ…堀越先生はワニ先生ほど鬼じゃないでしょ…》《かっちゃん好きだよ。他の誰よりも。死んだらやだよ。堀越先生のことまじで恨むかもしれない。最悪な展開にならないって信じてるからね。ね? 裏切らないで? ね? わかってるよね? ね?》といった声が数多く上がっている。

はたして過去の仄めかしは、「アンチにとっての見せ場」だったのか。死亡エンドを乗り越えた先に、ファンたちを納得させる展開が待っていることに期待したい。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』35巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】