ジャンプ打ち切りレースに新入り…連載掛け持ち疑惑『ALIENS AREA』2週連続ドベ3

ジャンプ打ち切りレースに新入り…連載掛け持ち疑惑『ALIENS AREA』2週連続ドベ3

ジャンプ打ち切りレースに新入り…連載掛け持ち疑惑『ALIENS AREA』2週連続ドベ3 (C)PIXTA

人気至上主義を導入しており、激しい生き残り競争が行われている『週刊少年ジャンプ』。現在は那波歩才の新連載『ALIENS AREA』が窮地を迎えているようで、ファンの間で不安の声が飛び交っている。とくに不吉な兆候として、“作画の乱れ”が生じているらしい…。

実質“最下位”ポジション

「ALIENS AREA」は、今年6月からスタートしたばかりの作品。宇宙人を取り締まる公安メンバーたちの活躍を描いた、バトルSF漫画だ。

8月8日の「ジャンプ」36・37合併号では、そんな同作が巻末から3番目の位置に登場。同誌の掲載順は読者アンケートによって決まると言われているため、かなり苦戦していることがうかがえる。しかも掲載順の低迷は今号だけでなく、先週号もまったく同じワースト3の位置だった。

つまり2週連続でワースト3となったわけだが、一応同作よりも下では『ドロンドロロン』と『地球の子』が最下位争いを繰り広げている。しかしこの2作は巻末付近が定位置となっているため、打ち切り確実ともウワサされている状況だ。そのため実質的には、「ALIENS AREA」の掲載順は、流動性のある作品の中では“ワースト1”と言えるだろう。

打ち切りの気配が強まりつつあることで、不安に駆られる読者たちは少なくない。そしてその不安を裏付けるかのように、最近では作画クオリティにも異変が生じている。

週刊連載のスケジュールに苦戦中か

「ALIENS AREA」は序盤から荒々しい絵柄だったが、その頃には「味のある絵」として受け入れられていた印象。しかし、第8話ごろから輪をかけて絵が不安定になり始めており、最新話にあたる第10話では、描き殴ったような背景も見られた。

そのことが気になってしまうファンも多いようで、ネット上では《エイリアンズエリア好きだけど作画やばすぎ》《作画どうしちゃったん》《作画が相変わらず荒れたままだ…3話続けてこれはさすがにまずくないですかね》《色々と心配になるな 作画があきらかにおかしい》《話はいいけど流石に作画限界すぎないか》と動揺の声が広がっている。

作画の乱れといえば、同作は一部で「連載の掛け持ち疑惑」が囁かれているところ。月刊誌『ヤングキングアワーズ』で連載中の『朱色の仮面』が、絵柄が似ているうえ、作画担当の“那波なばな”は那波歩才と同じ苗字。もし2人が同一人物だとしたら、週刊・月刊の掛け持ちで多忙を極めていることだろう。

ただ、ストーリー自体はテコ入れに挑戦しているのか、バトル路線だけではない日常エピソードやクセの強い新キャラなどが描かれている。試行錯誤の結果、人気が定着するといいのだが…。

文=野木

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】