『Dr.STONE』完結に“お色気枠”消滅…2022年上半期の『ジャンプ』ニュース

『Dr.STONE』完結に“お色気枠”消滅…2022年上半期の『ジャンプ』ニュース

『Dr.STONE』完結に“お色気枠”消滅…2022年上半期の『ジャンプ』ニュース (C)PIXTA

『ONE PIECE』や『呪術廻戦』など、国民的人気漫画が多数掲載されている『週刊少年ジャンプ』。打ち切りなどによって連載ラインナップは目まぐるしく変わっているが、2022年上半期にもさまざまな変化があった。その移り変わりを振り返ってみよう。

円満に完結した中堅連載

■癒し枠『破壊神マグちゃん』が完結
2月7日に発売された「ジャンプ」10号では、上木敬の『破壊神マグちゃん』が完結。同作は破壊神・マグちゃんと、女子中学生の宮薙流々との交流を描いた作品。ほのぼのギャグとハートフルなストーリーで親しまれたが、2年近い連載を経て完結を迎えた。

同作が連載されていた時期は、『呪術廻戦』や『チェンソーマン』など、ダーク色が強い作品が主力。そこで「破壊神マグちゃん」はある意味で癒し枠として愛されていたため、完結を惜しむファンが多かったようだ。

なお日常系漫画の最終回は、“これからも楽しい日々が続く”エンドになりがち。しかし同作は、寿命が異なるマグちゃんと流々の運命が正面から描き出され、《最終回があまりにも温かい》《マグちゃんはやはり破壊神だった…見事に涙腺が壊されたよ…》と絶賛の声が続出していた。

■『Dr.STONE』が5年の歴史に終止符
メディアミックスが盛んに行われ、看板作品として約5年も誌面を支えてきた『Dr.STONE』は、3月7日発売の「ジャンプ」14号で幕を閉じた。

同作は『アイシールド21』などを手掛けた原作・稲垣理一郎と、青年誌で活躍していたBoichiのベテランタッグによる漫画。文明が滅びた世界で「月」を目指すという突拍子もない設定ながら、実際の科学知識が散りばめられ、大人から子どもまで夢中にさせたことは言うまでもない。

アニメ化もされたヒット作であり、連載ラインナップでいうと『僕のヒーローアカデミア』クラスの格。しかし『ONE PIECE』や『呪術廻戦』も含めて、物語の完結を匂わせる看板漫画が次々と出ているため、「Dr.STONE」完結によって「ジャンプ」の未来が心配になってしまった人も多いという。