アニメ『ONE PIECE』でもウタの存在が正史に!? 劇場版はパラレルワールドなのか…

アニメ『ONE PIECE』でもウタの存在が正史に!? 劇場版はパラレルワールドなのか…

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

8月14日のアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)では、現在公開中の映画『ONE PIECE FILM RED』と連動したオリジナルエピソードを放送。劇場版に登場するウタの存在が“正史”になったとして、原作ファンたちに大きな衝撃を与えている。

※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています

第1029話『淡い記憶 ルフィと赤髪の娘ウタ』は、本編からおよそ13年前のフーシャ村が舞台。シャンクス率いる「赤髪海賊団」が、幼少期のルフィと初めて対面するエピソードだ。

その船にはウタも乗っており、ルフィと会った際には「赤髪海賊団の音楽家でシャンクスの娘」と自己紹介。そして類まれなる歌姫としての才能を見せ付け、ライバルのようにルフィと競い合うのだった──。

今回のエピソードは、フーシャ村の過去をこれまでにない角度から描いたもの。ルフィとシャンクスが初めて出会う記念すべき瞬間に、ウタが立ち会っていたことが明らかに。さらには、ウタとルフィの幼馴染みのような関係も表現されている。

ウタの扱いを見た視聴者たちは、《パラレルじゃなく正史扱いなのかな》《ウタがいる世界は正史ってこと?》《今アニワン見たけど色々やばい つまり正史にウタはいるんだよね?》などと騒いでいるようだ。

歌姫のゴリ押しにうんざり?

ウタの存在は、先日『週刊少年ジャンプ』に掲載された原作1055話でも仄めかされており、やはり正史である可能性は十分にある。フーシャ村には、これまで読者が知らなかった過去が眠っていたのかもしれない。

その一方で、劇場版「FILM RED」に関しては本編と矛盾しそうな描写があるため、パラレルワールドではないかという説が有力。そこで整合性をとるため、ウタの存在自体は正史だが、劇場版はパラレルワールドの出来事であるという解釈が広まっている。

とはいえ、いずれにしろ劇場版やアニメ「ONE PIECE」によってウタの存在感は増すばかり。その扱いを、劇場版をヒットさせるためのゴリ押しと見なす人もいるらしく、《ゴリ押し感があって冷めた》《どうにかして今年の映画の興行収入を稼ぎたかったのかなって思うわ》《公式設定として残るのが嫌すぎるかもしれん》《アニワン無理ッ!! 私の中ではこれもパラレルワールドです》といった拒絶反応も相次いでいる。

ちなみに「FILM RED」自体、Adoの歌ばかり流れるミュージカル映画と評価されているが、興行収入は公開10日間で70億円に到達するほど絶好調。興味のない人からすればゴリ押しなのだろうが、マーケティングとしては大成功と言わざるを得ない。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去のアニメ「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】