『あんスタ』ふたたび引退者続出…今度は“バニラカー”パロで炎上「ユーザーを舐め腐ってる」

『あんスタ』ふたたび引退者続出…今度は“バニラカー”パロで炎上「ユーザーを舐め腐ってる」

『あんスタ』ふたたび引退者続出…今度は“バニラカー”パロで炎上「ユーザーを舐め腐ってる」 (C)PIXTA

以前からデリカシーの欠如が問題視されている人気ソシャゲ『あんさんぶるスターズ!!』が、またもや炎上。「バニラカー」をパロディした企画によって、女性ユーザーからの批判を浴びてしまった。なぜ一向に過去の失敗から学ぼうとしないのだろうか…。

ある意味絶好調な「あんスタ」

「バニラカー」とは、情報サイト『バニラ求人』の宣伝トラックのこと。「バーニラバニラ高収入!」といったテーマソングで知られ、新宿などではもはや町の景観の1つとして馴染んでいる。

そこで先日、「バニラカー」とそっくりの「あんスタ」宣伝トラックが、公道を走っていることが話題に。宣伝トラックで遊び心を出すのはよくあることだが、問題はメインユーザーたちの心理を読めていなかったことだろう。

「あんスタ」は男性アイドルを育成するゲームであり、ユーザー層は圧倒的に女性が多い。しかし「バニラ求人」といえば、風俗店を幅広く斡旋している求人サイトだ。当然ながら女性ユーザーの神経を逆なでする結果となり、《ユーザーを舐め腐ってるのは知ってたけどここまでやる? こんな侮辱ある?》《私はもう外で「あんスタ好きなんです」とか言えないよ》《あんスタはもう降ります》《これ以上嫌いにさせないで》といった声が続出してしまった。

ゲーム内のテキストも問題だらけ?

「あんスタ」シリーズは、肝心なゲーム内のストーリーでも何度か炎上している。たとえば2020年ごろには『あんさんぶるスターズ!! Music』にて、「悪評を立てられたら、その報復としてリベンジポルノを撒き散らすよ」というセリフが炎上。

女性向けソシャゲにかかわらず、「リベンジポルノ」という犯罪行為を軽く扱ったかのようなテキストに、ファンは《ただの下品な軽口として使用されましたが、リベンジポルノは極めて卑劣な性犯罪です》《あんスタごめん、流石にこれは炎上ものだよ》などと失望していた。

その翌年には、葵ゆうたというキャラクターの「やだ~、羽風先輩の性犯罪者~」といったセリフや、月永レオと鬼龍紅郎の会話の中に出てきた「安楽死大会」という不穏なワードが問題視されることに。

そして極めつけは、メインストーリー第2部「SS」編。『4Gamer.net』のインタビューにてストーリーの内容が明かされた段階で、あまりに過激な内容に批判の声が続出。オンライン署名サイトにて、メインライターを務めてきた日日日(あきら)氏の降板を求める署名活動が行われる事態にまで発展してしまった。

そんな炎上続きの「あんスタ」だが、尚も残っているファンは《キャラに罪はない》という思いで耐えている様子。まるで運営に大好きな“推し”を人質に取られている有様だが、ファンはいつまでついてきてくれるのだろうか。

文=大上賢一

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】