『スプラトゥーン3』新アイドルのデザインにガッカリ声…「モチベ半減しとる」

『スプラトゥーン3』新アイドルのデザインにガッカリ声…「モチベ半減しとる」

『スプラトゥーン3』新アイドルのデザインにガッカリ声…「モチベ半減しとる」 (C)PIXTA

9月9日にニンテンドースイッチで発売される、大人気TPSの最新作『スプラトゥーン3』。発売に先立ち、新たな看板キャラクターが公開されたのだが、ファンたちの反応は芳しくない。それどころか、いわゆる“ポリコレ”への配慮も疑われているようだ。

3代目アイドルに野次

「スプラトゥーン」シリーズには共通して、ゲームを盛り上げてくれるアイドル枠のキャラクターが存在した。今作「3」では、サメ使いのフウカ、ウツボ使いのウツホ、古式舞踊の当主マンタローの3人によるユニット「すりみ連合」がその枠になるという。

8月10日には、公式ツイッターが「すりみ連合」のビジュアルを公開。3人とも神事に携わる名家の生まれということで、和の要素を含んだアジアンテイストな雰囲気を漂わせている。

しかし「1」に登場した初代アイドル「シオカラーズ」などが大好評だったこともあり、ファンからは厳しい意見も。「すりみ連合」のキャラクターデザインに対して、《かわいくなさすぎてその時点でスプラ3のモチベが半減しとる》《かわいい系はやめたんだ…。なんというか、微妙…》《シオカラーズに戻してください…。ゲーム起動する度に見なきゃいけないのシンドイ》といった声が上がっていた。

ポリコレ配慮の疑いも

とくに批判の的に晒されているのは、フウカやウツホの外見。というのも、アジア系の顔立ちに近いフウカの切れ長の目や、ウツホの肌の色が、「ポリコレ」配慮の結果ではないかと邪推されているのだ。

近年のゲーム業界では人種差別やルッキズムへの配慮が浸透していると言われているが、逆にその風潮に対して反発する層も少なくはない。「スプラトゥーン3」がどのような方針なのかは確定していないが、すでにネット上では《スプラトゥーンもポリコレ配慮ですか》《任天堂がポリコレに屈した感》《なんで架空のキャラまでポリコレに配慮せねばならんのだろう》《アジア人、黒人、人外でちょっとポリコレ要素強くないか…》と騒がれている。

とはいえ、ウツホのように褐色肌のアイドルが抜擢されたのは今作が初めてではない。前作『スプラトゥーン2』に登場したアイドル「テンタクルズ」のDJ・イイダも似たような肌の色をしていた。

「テンタクルズ」もデビューしてすぐの頃は、不満を吐露するファンが少なからずいた印象だ。しかし「2」が盛り上がるにつれてファンも増加し、今では「シオカラーズ」に負けず劣らず愛されている。

もしかすると「すりみ連合」も、いざ「3」が発売されてみれば、愛されキャラになっていくかもしれない。

文=野木

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】