ヴォルグ世界戦がギャグ回に…『はじめの一歩』1391話リカルド・マルチネス目前で拍子抜け

ヴォルグ世界戦がギャグ回に…『はじめの一歩』1391話リカルド・マルチネス目前で拍子抜け

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

8月17日発売の『週刊少年マガジン』38号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の第1391話が掲載。ジュニアライト級世界王者、ヴォルグ・ザンギエフの防衛戦が描かれたものの、その内容に読者からはツッコミの声が巻き起こっている。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

事前に行った一歩とのスパーリングにより、ヴォルグは右脇腹に深刻なダメージを負っていた模様。その痛みから右腕を自由に使えない上、ボディを打たれると致命傷になるというハンデを背負ってしまう。

ファイター型の挑戦者に距離を詰められ、ヴォルグは幾度もコーナーに追い詰められることに。勢いをそぐために、左のパンチで徹底的に押さえつけようとするのだが、そこで一歩を相手していた時の気迫が蘇ってくる。そして渾身の左アッパーが炸裂し、1ラウンドKOで勝利を収めるのだった…。

ヴォルグの負傷が明らかとなり、苦戦が予想されていた今回の世界防衛戦。しかし蓋を開けてみれば、ヴォルグの実力は圧倒的であり、その活躍に惚れ惚れとするファンも多かったようだ。

ヴォルグがもはやギャグキャラに

その一方で、一部の読者からは《ヴォルグ戦はギャグパートでしたね…》《なんでこんな滑ったギャグみたいな盛り下がる試合を…?》と不満げな声も。世界王者がスパーリングで怪我を負い、ド根性で一発KOするという展開がギャグのようだと指摘されていた。

実際に試合中には、ヴォルグが一歩に対して「怨みMAXマクノウチ」などと毒づくシーンもあり、あまり緊迫した展開ではなかった印象。作者が力を入れたかったのは、この後に控えているリカルド・マルチネスとウォーリーの一戦であり、ヴォルグの試合は本命ではなかったのかもしれない。

ちなみに「はじめの一歩」では、青木勝の試合を始めとして、試合がコミカルな展開を迎えることがしばしばある。世界戦も例外ではなく、世界王者の鷹村守がどうでもいい理由で苦戦することがあった。

ヴォルグはこれまでクールなキャラクターとして描かれてきたが、今回ついにギャグ時空へと突入したのだろう。それを見たファンからは、《ヴォルグの試合まで鷹村のギャグ試合みたいになっててうーん》《鷹村はまだしもヴォルグでこういうふざけた試合はやらないでほしかった》とも言われているが…。

ひさしぶりにヴォルグの実力が見られるはずの試合だったので、おそらく読者たちも素直にかっこいいところを期待していたのだろう。いつの日か、その期待に応えてくれる日が来ることを祈りたい。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】