VTuber配信を“誤BAN”で炎上!『シュタゲ』企画原作者の暴走に落胆

VTuber配信を“誤BAN”で炎上!『シュタゲ』企画原作者の暴走に落胆

VTuber配信を“誤BAN”で炎上!『シュタゲ』企画原作者の暴走に落胆 (C)PIXTA

『STEINS;GATE』などの科学アドベンチャーシリーズで有名な志倉千代丸氏が、VTuberの配信を“誤BAN”したことで大炎上。すぐさま謝罪が行われたため、騒動は落ち着くかと思いきや、怒涛の勢いで火種が追加されてしまった。

騒動の発端(解決済み)

きっかけとなったのは、『ホロスターズ』所属のVTuber・水無世燐央の実況配信。公式から許諾をもらった上で、『ANONYMOUS;CODE』をプレイしていたのだが、同ゲームの企画・原案を務めた志倉氏が、権利者権限で配信を削除した。

志倉氏のツイートでは、水無世側にミスがあったかのような説明だったが、実際には何ら問題はなかったようだ。その後「科学ADV」公式ツイッターから、《水無瀬様には何ら問題はございません。弊社側の落ち度により水無瀬様、ホロスターズ様並びに配信をお楽しみいただいておりました皆様へご迷惑をお掛けし申し訳ございません》という謝罪が行われた。

そして志倉氏も謝罪文を公開し、水無世に向けて《今後の活動において何かマイナス面があるようであれば、引き続き弊社までご連絡下さい》と真摯に対応していく旨を宣言。これで今回の騒動は解決…となるはずだったが、なかなか火の手は収まらなかった。

というのも志倉氏は、その後に行ったツイキャスで騒動についての意見を表明し、突撃してきた人々に応答。案の定、火に油を注ぐことになってしまう。

問題解決後の大立ち回り

ツイキャスでは自身の発言を謝罪しつつも、「まとめサイト」の扇動によって騒動が大きくなったことを厳しく批判。またツイッター上でも、《まとめサイトの影響力は相変わらず最強なんですね。未だにこれだけ多くの無関係者の方を、相変わらず無自覚のまま、意のままにリンクへと扇動させてみせるチカラ。驚きです》といったツイートを投稿している。

しかし騒動を「まとめサイト」に責任転嫁しているとも捉えられる言動だったため、SNSなどではツッコミが殺到。《今回の件に関しては普通に千代丸さんが悪いと思います》《まとめサイトで行われてるのは貴方のやらかした事を“ありのまま”拡散されてるだけですよ?》《非がないとここまで燃えない。カオチャもシュタゲも好きだったのにすげえ残念》《なんで素直にごめんなさいできないの?》といった意見が寄せられていた。

さらには、匿名のツイッタラーとのリプ合戦も白熱。とあるユーザーに対して、《でも逆にキミは一生、企業の代表者として謝罪文なんて書くことないもんな?》といった文言で議論していたことが、またもや火種となってしまう。

また、騒動の渦中にYouTubeの視聴履歴をスクリーンショットして載せていたのだが、それもまた墓穴に。地上波番組『やりすぎ都市伝説』の違法アップロード動画を再生したような痕跡があるとして、アンチたちに叩かれてしまった。

とはいえ、いくら外野に叩かれたとしても、自分なりの正義を主張することは決して間違ったことではない。なによりインターネットを舞台とした炎上やレスバトルは、「STEINS;GATE」などとあまりにも親和性のある出来事。クリエイターとしての一貫性が感じられるところなので、今後の科学アドベンチャーシリーズの糧としてくれることを期待しよう。

文=大上賢一

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】