『ONE PIECE』“ワノ国編”最終話で差別表現…終わらない差別の図式に読者モヤモヤ

『ONE PIECE』“ワノ国編”最終話で差別表現…終わらない差別の図式に読者モヤモヤ

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

8月22日発売の『週刊少年ジャンプ』38号に掲載された『ONE PIECE』の最新話で、約4年にわたって続いた「ワノ国編」がついに終幕。しかし最後の最後で思わぬツッコミどころが浮上してしまい、モヤモヤする読者が続出しているようだ。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

第1057話『終幕』では弁士によって、ワノ国で起きた出来事が講談調で語られることに。光月おでんの家臣たちによる忠義の物語として、賊党たちが「龍王カイドウ」を倒したことなどを振り返っていく。

そして講談における一番の盛り上がりは、やはり黒炭オロチの最期だった。傳ジローに首を落とされ、恨み言を吐きながら燃え尽きていくオロチに、光月日和は「燃えてなんぼの“黒炭”に候」と言い放ったという。

この言い回しは、おでんが処刑される際に発した「煮えてなんぼのおでんに候」という名言にかけたものだろう。おでん処刑の首謀者であり、ワノ国を長年苦しめてきたオロチに対して、おでんの娘である日和が引導を渡す…という勧善懲悪の図式だ。

日和の決めゼリフを聞いたワノ国の庶民たちは歓声を上げ、そのまま大団円といった雰囲気で「ワノ国編」は終幕に至る。しかしこの結末をめぐって、読者からは《いうほど美談か? 邪悪すぎないか?》《これ黒炭家への迫害を助長させないか? 第二、第三のオロチが出てくるような》《何も学んでいない》《ワノ国の民、最悪すぎない?》《今後も黒炭の子孫への差別は続くんだろうな…》《これで大受けしてるワノ国の民、ドレスローザ国民並だろ》といったツッコミが相次いでいる。

なぜ「燃えてなんぼの“黒炭”に候」が問題なのかというと、過去の過ちから全く学んでいないように見えるからだろう。そもそもオロチが悪逆非道な独裁者になったのは、ワノ国の民への復讐心が原動力だった…。