『ONE PIECE』ワノ国編は大失敗!? 尾田栄一郎の漫画力はナゼ劣化したのか…

『ONE PIECE』ワノ国編は大失敗!? 尾田栄一郎の漫画力はナゼ劣化したのか…

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

8月22日発売の『週刊少年ジャンプ』38号で、『ONE PIECE』のワノ国編がついに幕を閉じた。約4年にわたって続いた、作中最大規模のエピソードだったが、その評価はあまり高いとは言い難い。一体なぜ、これほどまでに不評を招いてしまったのだろうか。

「赤鞘九人男」に辛辣な声

ワノ国編は、四皇・カイドウが支配する侍の国を舞台としたストーリー。ルフィたち「麦わらの一味」だけでなく、もう一人の四皇であるビッグ・マムのほか、ユースタス・キッドやトラファルガー・ローなどの「最悪の世代」が集結したことでも話題を呼んだ。

作中にはこれまでのエピソードと比べても、圧倒的に多くのキャラクターが登場するのだが、まさにその点が不満の種となっている模様。「麦わらの一味」に味方する勢力だけで考えても、「赤鞘九人男」「侠客・花のヒョウ五郎」「ミンク族」「ハートの海賊団」「キッド海賊団」「白ひげ海賊団残党のマルコ」「カイドウの息子ヤマト」「モモの助」など、数え上げるだけでも一苦労の大集団となっている。

味方だけでもこれだけの勢力が存在し、おまけにそれぞれの思惑で動くため、ストーリーの進行が遅れることに。またスリラーバーク編あたりから顕著になった作風だが、各キャラクターの戦闘を並行して細々と描き、場面が飛び飛びになるため、読者が状況を理解しにくくなってしまった。

また多数の登場人物を、十分に活かせていなかったという指摘も。たとえば一部の「赤鞘九人男」メンバーは、ワノ国編が始まるかなり前から登場しており、カイドウや黒炭オロチとの因縁をさんざん匂わせてきた。しかしいざ本格的なバトルが始まると、目立った功績は上げられずに退場。結局、外野であるルフィたちに頼りきりになっている。

「赤鞘九人男」の扱いをめぐり、ネット上では《存在に無駄が多すぎ》《9人もいらないどころか1人もいらなかった》《パンクハザードから一緒なのにぽっと出のヤマトに魅力で負けてる》と辛らつな評価が下されているようだ。

また登場人物の多さは、ワノ国編のもう1つの欠点にもつながっている。