リカルド・マルチネスが一歩“復帰”のトリガー?『はじめの一歩』1392話ついに世界戦開幕

リカルド・マルチネスが一歩“復帰”のトリガー?『はじめの一歩』1392話ついに世界戦開幕

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

8月24日発売の『週刊少年マガジン』39号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の第1392話が掲載。“世界最強”リカルド・マルチネスと野生児・ウォーリーの試合がついに幕を開け、その趨勢に読者の注目が集まっている。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

世界王座防衛戦を無事勝利で終えたヴォルグ陣営。そのトレーナーである団吉は、喜びもそこそこに次の試合に向けてウォーリーの控室へと走る。リカルドとの試合を前に、ウォーリーはどんな表情をしているのか…という心配もあったが、実際にはウォーリーはいつも通りの自然体だった。

その直後、リカルドとウォーリーの両者がリングイン。ウォーリーが飛んだり跳ねたりを繰り返す一方、リカルドは王者たる威厳を漂わせ、粛々と歩いてリングに入る。未知数の実力を持つウォーリーが“α”、ボクシングの終着点であるリカルドが“Ω”だと語る実況。その“α”と“Ω”がリング上で対峙する──。

いよいよリカルドとウォーリーの試合開始となった今週の『はじめの一歩』。作中でも最強と思われる実力者のリカルドと、プロ入り後たった4戦目で一歩を追い詰めるという、作中でも類を見ないほどの才能を見せたウォーリー。この2人の対決に、多くの読者の注目が集まっている。

世界戦の勝敗予想が白熱

ネット上ではすでに、勝敗予想についての議論が盛り上がっている様子。多くのファンは、リカルドの勝利で終わると予想しているようだ。

たしかに、リカルドといえば初期から登場している『はじめの一歩』の“顔”的なキャラクター。一歩の前任の日本王者・伊達英二の世界への夢をもろくも砕いた試合は、未だにベストバウトのひとつに挙げられている。

その際、伊達を通じて一歩と因縁が生じている上、最近では千堂武士とも世界戦で戦うことを約束していた。そうしたフラグをへし折ってリカルドがウォーリーに負けるとすれば、とんだ大番狂わせだろう。

しかし、だからこそウォーリーの勝利を予想する読者も存在する。ネット上では《リカルドを負けさせてさらなる混沌の中へ踏み込んでく可能性も否定できん…》《ジョージは何やり出すかもはや分からんからな》といった声が上がっていた。

主人公である一歩が引退し、一向に現役復帰しないという展開からもわかるように、「はじめの一歩」は読者の予想を裏切ることが多い。すなわち今回もリカルドが勝ちそうだからこそ、あえて逆の展開になりそうだと囁かれているのだ。

もしリカルドが負ければ、一歩や千堂との因縁の決着が有耶無耶になってしまうことは間違いない。そうなると、またもや一歩が現役復帰するきっかけの1つが失われるだろう。

2人の対決には、いろいろな意味でハラハラさせられそうだ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】