『ONE PIECE』エースの死は本当に無意味なのか?“無駄死に説”を否定する根拠

『ONE PIECE』エースの死は本当に無意味なのか?“無駄死に説”を否定する根拠

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

ワノ国編が終わり、佳境を迎えている大人気漫画『ONE PIECE』。同作のターニングポイントとしてよく挙げられるのが、ポートガス・D・エースの死だ。心ない読者の間では「無駄死にだった」とも言われているが、実際のところその死には意味があったのだろうか。

尊い犠牲者を生んだエース奪還作戦

エースといえば、ルフィの兄にして海賊王ゴール・D・ロジャーの実子。「白ひげ海賊団」の船長である白ひげを父のように慕っており、正義と仁義に生きる熱血漢だった。

しかしその激情型の性格が、エースの寿命を縮めることに。白ひげを裏切ったマーシャル・D・ティーチを討とうとするも、あえなく敗北し、海軍に引き渡されてしまう。そしてマリンフォード頂上戦争にて、処刑寸前のエースをめぐる海軍と海賊たちの大衝突が引き起こった。

そこからはご存じのように、エースを非業な運命が待ち受けていた。処刑台から逃れたものの、当時の海軍本部大将・赤犬(サカズキ)が白ひげを侮辱したことを許せず、バトルに突入。ルフィをかばい、命を落とす──。

白ひげが落命した上、救出対象だったエースも死亡するという最悪の展開。そのことに忸怩たる思いを抱く人も多いようで、ネット上では《エースの死って無駄だったのかな…》と疑問を抱く声も上がっている。

たしかに悲劇というほかない展開ではあるが、本当にエースは無駄死にだったのだろうか。