花澤香菜が上半身を大胆露出!? 結婚後も止まらない“人妻声優”の過剰サービス

花澤香菜が上半身を大胆露出!? 結婚後も止まらない“人妻声優”の過剰サービス

花澤香菜が上半身を大胆露出!? 結婚後も止まらない“人妻声優”の過剰サービス (C)PIXTA

花澤香菜といえば、『化物語』の千石撫子や『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃などの代表作をもつ大人気声優。地上波でのメディア露出も増え、ますます人気が高まっているが、この夏には“魅惑のサービスショット”も晒してくれたようだ。

こだわりの水着姿を披露

花澤の大胆ショットを投稿したのは、ラジオ番組『明治 presents 花澤香菜のひとりでできるかな?』(文化放送)の公式ツイッター。9月4日に放送されたのが“水着回”だったことから、その収録風景がアップロードされた。

写真に写っているのは、白い水着を着用した花澤の後ろ姿。そのデザインは背中の布が腰の下までぱっくりと開いており、透明感のある素肌が露わになっている。背骨や肩甲骨のラインもくっきり浮かび上がっており、もはや“半裸”と形容したくなる絶景だ。

番組内では、今回着た水着について花澤が自ら解説する一幕も。布面積がある方が奥ゆかしく、好奇心がふくらむということで、あえてセパレートタイプではなく、“着エロ”路線を選択したそう。

関係者たちの前で水着になることに恥じらいを見せつつも、ピラティスで鍛えた“くびれ”には自信満々といった口ぶり。実際、そのボディラインには《思った以上にお背中が…! お綺麗です!》《腰がきゅっと締まっててセクシー》《放送作家役得すぎるだろ》《眩しすぎて目が…》と大興奮の声が上がっていた。

その一方で、《人妻の背中…ごくり》と背徳感に浸っているファンの姿も。花澤は2020年7月に小野賢章との結婚を発表しており、すでにアイドル声優としての第一線は退いている。だからこそ、禁忌に触れそうなファンサービスが盛り上がったのかもしれない。

結婚してもサービス精神は変わらず

なお、花澤は結婚前から、セクシー路線でのファンサービスを盛んに行っていた。代表的なのが、2020年に30歳の節目として中国で撮り下ろした写真集『How to go?』だ。

自ら「かなり攻めたカットもあります」とコメントしていたように、そこには胸元や足を惜しげもなく露出した衣装や、色気たっぷりのランジェリー姿などのカットが収録されていた。

また、「明治 presents 花澤香菜のひとりでできるかな?」での水着回も今回が初ではなく、年1回の恒例企画として続いているものだ。普通に考えれば結婚を境に控えめなショットになりそうだが、毎年攻めた姿を披露しており、《攻めすぎでは!》《そんなにいいんですか!》とファンを感嘆させている。

もし男心を完璧に理解した上で手玉にとっているのだとしたら、花澤の才能は並み大抵ではない。さらに“一歩先”の光景を期待したいところだ。

文=野木

【画像】

Benzoix / PIXTA

【あわせて読みたい】