『任天堂』の好感度がストップ高!“日本の恥”汚職まみれの東京五輪から撤退で再評価

『任天堂』の好感度がストップ高!“日本の恥”汚職まみれの東京五輪から撤退で再評価

『任天堂』の好感度がストップ高!“日本の恥”汚職まみれの東京五輪から撤退で再評価 (C)PIXTA

『東京2020オリンピック・パラリンピック』のスポンサー契約をめぐり、次々と発覚している未曽有の贈収賄事件。組織委員会の元理事にして、『電通』の元専務でもある高橋治之容疑者が逮捕されたほか、『AOKIホールディングス』や『KADOKAWA』といった大企業の関係者にも捜査の手が及んでいる。

関係していた企業は戦々恐々としているかもしれないが、そんな中で例外的に再評価の機運が高まっている企業がある。大会開会式から一切の関わりを絶っていた『任天堂』だ。

“日本の恥”とまで言われた開会式

「東京五輪」開会式が行われたのは、昨年7月23日のこと。東京・国立競技場を舞台に、人気歌手・MISIAによる国歌独唱や、俳優・森山未來のダンスパフォーマンスなどが繰り広げられた。

さらに選手団の入場行進曲には、日本の有名なゲーム音楽が採用されることに。故・すぎやまこういちさんが作曲した『ドラゴンクエスト』の「序章:ロトのテーマ」を始めとして、『ファイナルファンタジー』や『モンスターハンター』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』といったゲームの楽曲が演奏された。

日本が誇るエンタメ産業のパワーを世界に見せ付ける演出だったのかもしれないが、そこに最も有名であるはずの「任天堂」のタイトルは1つも含まれていない。しかも2016年の『リオデジャネイロオリンピック』閉会式では、「任天堂」協力のもと“安倍マリオ”のパフォーマンスがあったため、続く「東京五輪」で不参加だったことが、なおさら目立っていた印象だ。

当時はいろいろと邪推を呼んだものの、公にはハッキリとした理由の説明もなく、今にいたる。しかしここ最近の報道で“汚職五輪”の内情が明らかになると、ネット上では《やっぱ世界の任天堂だわ》《唯一五輪で信頼度を上げた企業》《一方スクエニ 一方すぎやまこういち》《リスクマネージメント完璧やな》と絶賛の嵐が巻き起こっていた。

さらに「任天堂」が開会式に参加しなかったことについて、周囲の汚職と結びつけて考える人も多いようだ。