『ONE PIECE』クロコダイルに“先代女帝”説が浮上…白ひげに恋した過去も?

『ONE PIECE』クロコダイルに“先代女帝”説が浮上…白ひげに恋した過去も?

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』に登場するボスキャラの中でも、とりわけ人気が高いクロコダイル。その過去は謎に包まれており、考察勢の間では「元女性」という説も囁かれている。9月12日発売の『週刊少年ジャンプ』に掲載された最新話では、この説にさらなる進展があったようだ。

クロコダイル=元女性説

そもそも、なぜクロコダイルは「元女性」だと疑われているのだろうか。きっかけとなったのは、「インペルダウン編」の描写だ。

そこでエンポリオ・イワンコフは、クロコダイルについて“弱み”を1つ握っていることを明かしていた。イワンコフといえば、ホルモンを自在に操る「ホルホルの実」の能力者。作中では、自身や他者の性別を何度も入れ変えている。このことから、クロコダイルはかつて“男性へと性別を変えてもらった”のではないかと推測されているのだ。

またもう1つの根拠として、外見的特徴も挙げられる。一般的には右耳のみにピアスを付けるのは、女性性をアピールする意味があると言われるのだが、クロコダイルが付けているのも右耳ピアスだ。

さらに『ONE PIECE』では、男女のキャラクターの書き分けとして、髪の描写が異なっている。男性キャラクターの黒髪には、“ツヤベタ”が入らないのだ。そんな中、なぜかクロコダイルだけは男性でありながら髪にツヤがあるため、イレギュラーな性の持ち主だと考えられている。

ここまではすでに考察されていた内容だが、最新話にあたる第1059話『コビー大佐の一件』では、新たな説が浮上。一言でいうと、「クロコダイルはアマゾンリリーの先代皇帝だ」という内容だ。