『はじめの一歩』ウォーリーに反則負けフラグ?“世紀の一戦”引き伸ばしムードで暗雲漂う

『はじめの一歩』ウォーリーに反則負けフラグ?“世紀の一戦”引き伸ばしムードで暗雲漂う

『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

9月14日発売の『週刊少年マガジン』42号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の第1395話が掲載。リカルド・マルチネスvsウォーリーの“世紀の一戦”が進行中だが、引き伸ばしムードが漂い始め、読者から不安の声が上がっている。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

前回、オープニングヒットをリカルドの顔面に見舞ったウォーリー。セコンドは、リカルドに動揺などないと断じるものの、本人は怪訝な表情を浮かべていた。なんと、ウォーリーの姿をリング上から見失っていたのだ。

実はウォーリーはレフェリーの影に隠れており、そのまま奇襲するつもりだった模様。結局奇襲パンチは届かなかったが、奇天烈なファイトスタイルに、会場は騒然としてしまう。

リカルドは相手のペースに乱されず、基本を貫いてガードを上げるのだが、そこでまたもウォーリーが奇妙な戦法に。手を後ろで組み、ノーガードで近づいていく──。

いよいよ過熱していく、“絶対王者”リカルドと“未知の天才”ウォーリーの世界タイトル戦。リカルドが盤石の強さを見せ、あらためて一歩の目標となるのか。それともウォーリーが大番狂わせを果たすのか──。一歩がウォーリーのセコンドについていることもあり、この試合は物語の大きな転機になりうるものと期待されていた。

しかし、今回のエピソードで試合の先行きに暗雲が。まだ1ラウンド目にもかかわらず、試合展開にほとんど動きがなく、次回は休載になるというのだ。

またもや超長期戦になりそうな予感に、読者からは《リカルドとウォーリーの試合全然進んでねぇじゃん!》《パンチ1発出して近付いて終わりか…》《刃牙化してる》といった不満の声が上がっている。

ますます遠のく一歩の現役復帰

既刊135巻と、かなりの長寿作品となっている『はじめの一歩』。いまだに高い人気を誇っているが、“ストーリーが長すぎる”点は激しい賛否両論を招いている。最近は物語がようやく動き出しそうな予感が漂っていただけに、失望も上乗せされてしまったのだろう。

その一方で、今回の展開から試合が泥仕合になることを心配する人も。ウォーリーがレフェリーの影に隠れるなど、“反則スレスレ”の行動に出たことで、決着が「ウォーリーによる反則負け」になるのではないか…と予想されているのだ。

ウォーリーはボクシングの枠に留まらない、奇抜な戦い方が持ち味。リカルドからそのユニークな才能を認められるものの、最終的に反則負けになるという展開も、ありえるのかもしれない。

しかしその場合、リカルドの強さを再確認するでもなく、ウォーリーが新たな風を巻き起こすわけでもなく、作中のパワーバランスは試合前と変わらないまま。間接的に、一歩の現役復帰がますます遠のくことになりそうだ。

2人の試合は、読者が納得できる決着を迎えるのだろうか…?

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』135巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】