『にじさんじ』海外人気が爆発!『ホロライブ』1人勝ちの牙城を崩す驚異的な決算報告

『にじさんじ』海外人気が爆発!『ホロライブ』1人勝ちの牙城を崩す驚異的な決算報告

『にじさんじ』海外人気が爆発!『ホロライブ』1人勝ちの牙城を崩す驚異的な決算報告 (C)PIXTA

『にじさんじ』を運営する『ANYCOLOR株式会社』が、2023年4月期の第1四半期(Q1)の決算を発表。さまざまな項目で大幅な増益を記録していたが、とりわけ海外部門である『NIJISANJI EN』の成長が著しく、大きな反響を呼んでいる。

『にじさんじ』海外向けグループの急成長

今回の発表によると、2023年4月期Q1の売上高は59.3億円で、前年同期比113%という数字。また営業利益に関しても、前年同期比152%の21.2億円と報告されており、まさしく順風満帆といった印象だ。

そんな中でとくに際立っていたのは、同社の海外向けVTuberグループ『NIJISANJI EN』の成長率。2022年4月期Q1の時点では売上高2,700万円だったのだが、その後は急激な成長を果たし、2023年4月期Q1では16億3,000万円に達している。

数字を見ても明らかだが、「ANYCOLOR株式会社」は「NIJISANJI EN」について「特にコマース売上の成長が売上高の成長を牽引」と説明。グッズやボイスコンテンツといったコマースビジネスの好調が、「NIJISANJI EN」の高い売上高に繋がったようだ。

『NIJISANJI EN』が急成長した理由

これまで海外のVTuber市場は、『カバー株式会社』の海外向けVTuberグループ『HololiveEN』の1人勝ちとも言われていた。また、本来は日本語圏向けの『ホロライブ』も、桐生ココのデビュー以降に熱狂的な海外ファンがついている。

その一方で、「ANYCOLOR株式会社」の海外展開は苦戦していたイメージだ。なぜここまで急成長を遂げたのだろうか。

理由として挙げられがちなのは、「EN4期を当てたから」といった意見。「NIJISANJI EN」の第4弾メンバーとしてデビューした、Vox Akuma、Ike Eveland、Mysta Rias、Luca Kaneshiro、Shu Yaminoの5名が、急成長につながったと見られているようだ。

とくにVox Akumaは現時点でチャンネル登録者数114万人という、「にじさんじ」全体でもトップクラスのVTuberに成長している。

いちタレントの人気が、企業全体の売上高急増に繋がるのか疑問に思う人もいるかもしれないが、そもそも「ANYCOLOR株式会社」自体が月ノ美兎個人のバズで軌道に乗った側面もあるので、そこまで不思議なことでもない。

ただ、Vox Akumaの人気を見るかぎり、やはり海外でも「にじさんじ」で伸びているのは男性VTuber。女性VTuberの人気はまだまだ『ホロライブ』に及ばないようだが、この状況を一変させる新たなタレントは出てくるのだろうか。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】