『ONE PIECE』完結は10年先? 過去最高レベルの“匂わせラッシュ”に読者ヤキモキ

『ONE PIECE』完結は10年先? 過去最高レベルの“匂わせラッシュ”に読者ヤキモキ

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

長かった「ワノ国編」が終わり、いよいよ風呂敷をたたみに入るかと思われていた漫画『ONE PIECE』。ところが9月20日発売の『週刊少年ジャンプ』42号に掲載された最新話では、今後の展開に関わる“匂わせ”が怒涛のように描かれており、読者をヤキモキさせている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

突如舞い込んだニュースにより、革命軍No.2のサボが、「アラバスタ王国」国王ネフェルタリ・コブラを暗殺したという情報が発覚。第1060話『ルフィの夢』では、それを知ったルフィが「アラバスタ王国」に向かおうとするも、ゾロに制止されるのだった。

その一方、渦中の人物であるサボは新世界の「ルルシア王国」にいる模様。電伝虫でドラゴンに対して、事件の真相を語ろうとするも、思いもよらぬ“口封じ”が行われる…。

ここ数週にわたって描かれてきた、世界情勢に関わるエピソード。新たな四皇の発表に始まり、バギー率いる「クロスギルド」の設立など、先が気になる展開が続いているところだ。

当然読者たちは盛り上がっているのだが、その一方で今回“明かされなかった情報”の多さに混乱してしまう人も。詳細を伏せたまま、匂わせるだけの情報が多かったため、《情報量と匂わせ多過ぎ 頭おかしなる》《今週のワンピは匂わせがひどいw》《伏線多すぎて忘れそう》《まーた意味もなく風呂敷を広げてるよ》《情報量多すぎ焦らしプレイ多すぎで、すげえモヤモヤする》とよくもわるくも話題を呼んでいた。

空前絶後の伏線ラッシュ

なんと今回のエピソードでは、匂わせシーンが3連続で登場している。まず新聞を読んでいたロビンは、“ルフィに関わりのある名前が出てる”と告げるのだが、ルフィが興味を示さなかったので、その話は終了。

続いてルフィは、サボについての思い出を語る流れで、今まで胸に秘めていた“夢の果て”を「麦わらの一味」メンバーに打ち明ける。それに対して仲間たちは笑ったり、困惑したりとさまざまなリアクションだが、肝心の夢の内容は語られていない。

そして3つ目は、聖地・マリージョアにある“虚の玉座”について。どうやらサボは玉座の秘密を知ってしまったようだが、それを口にしようとした瞬間、謎の攻撃によって消されてしまうのだった。

「ONE PIECE」は今年7月に発売された「ジャンプ」34号から、最終章へと突入。その際の告知コメントにて、作者・尾田栄一郎は「今まで隠してきたこの世界の謎 全部描いていきます」と告げていた。

2019年の時点で、「5年以内には終わりたい」とも語っていたため、計画通りであれば2024年には完結の目途が立っているはず。しかしここにきて、さらなる匂わせが行われてしまった形だ。ルフィたちの冒険は、まだまだ先が長いのかもしれない…。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】