『ヒロアカ』最悪のタイミングで時事ネタ被り!? ミリオの桃が“確定”してしまう

『ヒロアカ』最悪のタイミングで時事ネタ被り!? ミリオの桃が“確定”してしまう

『僕のヒーローアカデミア』35巻(堀越耕平/集英社)

9月20日に発売された『週刊少年ジャンプ』42号に、『僕のヒーローアカデミア』最新話が掲載された。緊迫した最終決戦の最中、とあるヒーローの見せ場が、ひどすぎる時事ネタと奇跡のシンクロを果たしてしまったようだ。

※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています

第366話『桃』では、最適なフォルムを求める死柄木弔の身体が、さらにパワーアップ。爆豪勝己への救命措置を妨害しようと、ヒーローたちに激しい攻撃を仕掛けていく。

そこに突然マンダレイの「テレパス」が入り、戦場の電磁バリアを解除するため、死柄木を2秒引き付けるように指令が下される。その目的は、ようやく到着した緑谷出久を中に入れることにあった。

暴走する死柄木を前に、時間を稼ぐのは至難の業。そこでルミリオンこと通形ミリオが決死の想いでひねり出したのは、透過状態でお尻だけ地上に突き出す、「桃がなってるよ!」という持ちネタだった…。

これは「笑い」を大切にしていたミリオの師・ナイトアイの教えがあってのワンシーン。師弟の絆を感じさせる見せ場に、《ミリオ先輩決死の時間稼ぎがアツい ナイトアイ…》《サーとミリオのところで笑えるはずなのに大号泣しちゃった》《いかにナイトアイの最期の言葉が支えとなってたか察せますね》と感動の声が上がっている。

文春砲の流れ弾?

ところが一部の読者は、時事ネタを絡めた斜め上の連想をしてしまったらしい。SNS上では、《今週のヒロアカ本誌、確定させててワロタw》《ミリオが確定してんのガチで草》《時事ネタを弄ったって本当ですか!?》と意味深なフレーズが飛び交っている。

現在ネットでは、9月10日に『文春オンライン』で公開された記事をきっかけとして、プロ野球選手・坂本勇人が炎上中。同記事では、坂本が親密な関係にあった女性と中絶トラブルを起こしていたことが報じられた。

そして流出したLINEのやりとりにおける「けつなあな確定な」が、語感のよさから「けつあな確定」として拡散されることに。ツイッター上でトレンド入りするほど話題性があったため、ミリオの持ちネタを見て連想する人がいても不思議ではない。

作品の最高到達点とも言える出久vs死柄木のバトルが始まるタイミングで、スキャンダルとのネタ被りが生じてしまった「僕のヒーローアカデミア」。できるだけ熱い展開で、記憶を上塗りしてほしいところだ。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』35巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】