大炎上の韓国版『ウマ娘』訴訟沙汰へ!? なぜか世界を獲れない日本のソシャゲ

大炎上の韓国版『ウマ娘』訴訟沙汰へ!? なぜか世界を獲れない日本のソシャゲ

大炎上の韓国版『ウマ娘』訴訟沙汰へ!? なぜか世界を獲れない日本のソシャゲ (C)PIXTA

今年6月に『ウマ娘 プリティーダービー』韓国語版がリリースされたが、パブリッシャーである『カカオゲームズ』の体制をめぐって炎上騒動へと発展。日本産のソーシャルゲームは、世界を獲れない運命にあるのだろうか。

韓国語版「ウマ娘」大炎上の経緯

『Cygames』が世に送り出した「ウマ娘」は、韓国でも社会現象と言えるほどの人気があった。待望の韓国語版がリリースされた際も、わずか3週間ほどで100万ダウンロードを突破し、『App Store』のセールスランキングでは首位にランクイン。「ウマ娘」の海外展開も、先が明るいように思えた。

しかしリリースから時間が経つにつれて、運営に関して日本版との格差が問題視されるように。たとえば同ゲームには「チャンピオンズミーティング」(チャンミ)というPVPイベントがあるのだが、日本ではおよそ3週間前にコースなどの情報が告知され、ユーザーはそれに基づいてウマ娘を育成し始める。

ところが韓国語版ではまさかの3日前告知があったとのことで、ユーザーから不満が噴出。実際のところ、3日間しか猶予のない「チャンミ」は、ほとんど“運ゲー”と言っても過言ではないだろう。

その他、日本版との仕様の違いで、いわゆる“リセマラ”が困難だったりと、さまざまなサービス格差に批判が殺到。韓国のファンが「カカオゲームズ」本社の周辺で、“馬車”を使った抗議活動を行うほどの炎上騒動に発展した。こうした事態を重く見て、運営陣とユーザー代表団による懇談会が行われたのだが…。